干瓢(かんぴょう)って夕顔を薄くむいて干したものなんですよ

ちなみに夕顔って花の夕顔とは別なの。

花の夕顔はヒルガオ科

干ぴょうを作る夕顔はウリ科。
種を買うときは間違わないようにしよう。

これが夕顔の花。

夕方に咲くのだが、写真は朝撮影したものなので、ちょっと下を向いている。


そしてコレが夕顔の実

よく見かけるのは丸いものだが、今回栽培したのはヘチマのように長いやつ

そういえば園芸系のブログをはじめたつもりなのに3回目の記事にしてやっと作物の写真が登場したのだ・・・。

で、これを今回は干ぴょうまでにしてみる

こんな道具を使う


干ぴょう専用のかんな(干ぴょう削り)。楽天で1000円前後で購入。

かんなの刃のサイズにあわせて夕顔を輪切りにする

真ん中のワタを抜いて内側からかんなを充てて、くるくる手前から奥へ輪切りを回す。

ワタに近いところは、弱くて使い物にならないが、外にいくほどしっかりした身になってきて、面白いようにきれいにひも状になる


これをすぐに日陰干しにする

湿度も高い時期なので、作業する日は選んだほうが無難です。


まる二日も乾かせば完成


このまま乾燥剤と一緒にジップロックして、使いたいときに戻して使うなり

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと