明けましておめでとうございます

遅ればせながら、去年の年末の話です

12月29日。
翌日の餅つきのために仕込みを開始します

今年は、三種の陸稲に挑戦しました

普通の水稲用のうるち米であるミルキープリンセス。
アフリカの米とアジアの米のハイブリッド陸稲のネリカ米。
そしてもち米陸稲の最優秀品種ユメノハタモチ。

今回は唯一のモチ米であるユメノハタモチ(たぶん「夢の畑餅」)をお餅にすることにします。

事前情報では、

陸稲はパサパサして不味い
陸稲のモチ米は延びない
陸稲のモチ米はオカキに使うぐらいしか用途が無い

品種の情報としてはユメノハタモチは、水稲品種に近いぐらい食味が良いとのこと。

期待と不安の中精米を始めます。

cameringo_20161229_140645
すぐに精米したかったのですが、1度しか風選をしていないので、かなり大きな葉っぱなどのゴミが大量に混入。

まずは簡単な風選をしてゴミを飛ばそう。

でも段ボール唐箕は、過激な勤務体系と乱暴な保管が祟って、先日資源ごみに出してしまったので、原始的なオープン風選で。

速攻でニワトリが寄ってきて受け箱からこぼれた籾を食いまくる・・・・

cameringo_20161229_143241
籾のまま精米機へ。

本来なら風選のあとは、籾摺り→精米となるのですが、我が家にはあいにく籾摺り機は無く、その代わり貰った循環式精米機があるので、これを使います。

もみ殻と玄米を分けることはできませんが、これを使えば一気に白米まで持っていけます。

cameringo_20161229_143429
スタート時はこんな感じです
よく覚えておいてください。


cameringo_20161229_143827
だいたい一巡したところです。



cameringo_20161229_143832
もみ殻が剥けてきているのが判ります

cameringo_20161229_143836
循環しているので、目で見て大きんばゴミが残っていれば取り除きます


cameringo_20161229_151124
そんあこんなしていうるちに、ほらほらもうこんなに剝けている

cameringo_20161229_151127
ゴミがまだ残っていますね

もう少し回します

cameringo_20161229_152410
もみ殻が全部消えたら完成。
お餅として食べるので、栄養はそっちのけで胚芽が完全になくなるまでやってみました

で、この日の夜にたっぷりの井戸水で浸漬。
もちろん良く洗ってからね。
洗いが足りないと、餅が黒っぽくなるそうです。

cameringo_20161230_110912
翌朝、奥さんが蒸し始める。
台所は出禁なので、蒸している写真はありません

cameringo_20161230_111316
先日、オフクロが持ってきた餅つき機。
自分らで使たら、うまくくできなかったのでくれるとのこと・・・・。なんて深い母性なんだろう・・・。

cameringo_20161230_111311
説明書は陸稲なんか対象にしておらず、通常の水稲米なので、すべてを少し水っぽくして作業しています。

cameringo_20161230_122257
できた。

延びないと前評判だった陸稲ですが、この品種は水稲と変わらず良く伸びる。
いや、マジで陸稲感はゼロ。プリン体もゼロ。(いみふ)

cameringo_20161230_162822
延して先日作った自前の上新粉をふっていきます。

cameringo_20161230_162842
 どうだ!

餅だ餅だぜ!!

延し餅は2枚作り、正月に実家にもっていって食べることに。

それ以外はつきたてを、辛味餅、納豆餅、ぜんざい、黄粉餅、九州の耕土料理鶏牛蒡汁で頂きました。
近所の友達も覗きに来てくれていたので、忙しくて一切撮影していません。
写真より、ブログより、目の前にいる人優先です。


と、言うわけで美味しそうな写真一枚無い餅陸稲のファイナルでした。

不味かったら、来年の作付はしないつもりでしたが、かなり旨いので、来年の作付も決定です(パチパチ) 

という話を、していたら、近所の元農家さんのご子息(といっても還暦)が、実家の畑が空いているから使ってくれと申し出があってので、第五農園が決定してしまいました。

cameringo_20161231_163154

 cameringo_20161231_163304
後日見に行きましたが、過去最大の面積です。
300坪ぐらいと伺っていましたが、たぶん500坪はあると思います。

年1枚のペースで畑が増えています。

周りは体壊すから辞めとけと・・・・

そんなこんなでも歳はくれます

 大みそかのは、年越し蕎麦を打つ予定でしたが、なんと

cameringo_20161231_114521
 
沖縄旅行に行っていた友達から、沖縄そばを貰いました

賞味期限は1月2日です。

え?

大晦日である本日と、正月2日までに消費しろと。

大みそかは実家に行き 、元旦は朝昼兼用で雑煮とおせち料理。
夜はカニ食べ放題。
2日は続おせち。夜はすき焼きと毎年決まっております。

しかもこの量では、我が家の消費分しかありません。

この日に食べるしか、食べる日が無いので、手打ちそばをあきらめ、急きょ沖縄そばにすることに。

cameringo_20161231_122217
スープはついていなかったので、ネットで調べてなんちゃって沖縄そばにしました。

沖縄そばには珍しい平打ちですが、年越し専用だそうです。

cameringo_20161231_122252
油でまぶしてクタクタに食感が悪くなっている麺ですが、これが本来の沖縄そばです。

最近は生めんを茹でるものを多いですが、それじゃあラーメンと区別ができません。

たとえ不味くたって、このクタクタが沖縄そばです。

しょっちゅうは嫌だけど、忘れた頃食べたくなる。それが沖縄そばです(沖縄の皆さんゴメンナサイ)

でも、DISっているわけではなりありません。
何故なら、俺はこっちの昔ながらの沖縄そばの方が好きだからです(きりっ!)

ちなみに平面はピロピロして唇が気持ちいです(^^


腹も膨れたので、年内最後の畑の見回りです
cameringo_20161231_104734

第三農園で麦踏です


cameringo_20161231_103731
玉ねぎ畝です


cameringo_20161231_103703
 玉ねぎはイマイチです
けっこう霜でやられて欠損が出てきました
こんなことなら余った苗をオフクロにやるんじゃなかったと後悔。


 cameringo_20161231_103926
化成肥料と鶏糞と薪ストーブ灰を混ぜて追肥をします。

去年は、雨が多くベト病にやられまくったので、灰などのアルカリ分を大目にあげてみることにします

cameringo_20161231_104740
 マルチの上からばら撒きます

風雨で穴に入り効くことでしょう(無駄うちの多い追肥です・・・・)

cameringo_20161231_162502
第一農園のほうれん草も、摘み過ぎかちょっと弱ってきているようなので、薪ストーブ灰をかけて気合を入れてもらいます。


これで年内の作業は全て終わりました。
三が日はゴロゴロしていただけなので、何書くべき内容はありません 

cameringo_20161229_164031
 最後は正月らしい画像です
初生りのキンカン。ぷちまるです 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←とりあえずぽちっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと