このブログに時々登場する友達先輩ですが、近所で自分でたてたログハウスに住んでいます。
そして薪ストーブのある生活をしているのですが、その灰の処分に俺がもらい受けています。

基本的に、石灰代わりに撒いたり、上澄み液を散布して病気予防につかったりしています。

薪ストーブは、針葉樹などを燃やすと温度が上がりすぎ炉が傷むらしいです。

なので友達先輩は広葉樹以外はくべないそうです。

と、いうことは100%広葉樹だけを使った高品質の灰がたんまる入ってきているわけですが、畑に撒くだけではもったいないので、今回はこのストーブ灰からラーメンの原材料の一つであるかん水(アルカリ溶液)を作って、それから麺を作ってみました。


cameringo_20170326_101008
まず灰の3倍の熱湯で撹拌します。

放置すること1日。

cameringo_20170328_234600
上澄みを不織布で濾していきます。

本当はマグカップで上澄みを取り、それを濾した方がキレイなものになるはずだったのですが、我が家の奥さんは大胆にいきなり鍋を傾けちゃいました(-_-;)

cameringo_20170328_234757
まー、透明とは言い難いですが、お腹が痛くなるものは入っていないので良しとします。


cameringo_20170331_201031
で、希釈倍率が判らないので、かん水と同じ比率でヌードルメーカーで試し製麺。

中華麺ぽい臭いはしません・・・・不安だ・・・

cameringo_20170331_203400
出来上がり
※幅広麺は余った生地を伸ばしたものです

色は黄色っぽさがまったくでない白いまま。

試しなので、そのままとか、生醤油のみで食べてみましたが、うどんですね・・・・しかも安っぽい饂飩ですorz

これは希釈倍率を下げて、濃度を濃くしないとだめっぽい

cameringo_20170402_131925
とりあえず前回の3倍で、作って見ました。

あまり変わった様子はないです

cameringo_20170402_134139
茹でたら少し黄色くなりました。
いけるかなーーー?


cameringo_20170402_134308
とりあえず、なんちゃってちゃんぽんにしてみました。
なんちゃってちゃんぽんスープの作り方は、何かのおりに紹介したいと思いますが、本日は割愛します。

cameringo_20170402_134329
実食・・・・

ちゃんぽん麺ではない・・・というか中華麺ですらない。

ん~~、やっぱりアルカリの濃度を測るためにボーメ計が欲しい







 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと