29日の深夜には突風が吹いていたらしい


cameringo_20170430_070415
育苗ハウスの側面のビニールがばたつき育苗トレーがひっくり返った模様

ショック!

被害は先日ポット上げした激辛唐辛子のナガ・モリッチとキクイモ苗。

cameringo_20170430_071528
発見が早かったのですぐに植えなおして日陰養生させました。


cameringo_20170430_073815
これは前日の窯ゆででできた炭。

これをトマトの予定地にばら撒いて土壌性をアップさせます。

炭などは熱で炭素成分以外の色あんなものが抜けて多孔質となっており、そのせまっ苦しいスペースは有用微生物の住処として丁度良いのです。

実は昔、某企業の研究所でバイトをしていました。
上水道や下水道の浄化プラントの研究なのですが、活性炭を浄水の過程で組み込みます。
これは多孔質のデコボコで不純物質を吸着させることが目的とばかり思っておりました(初めのころはそっち方面が注目されていたので・・・)
しかし、ここに硝化細菌が済むことで水中のアンモニアを分解するという方が主になっていったのを覚えています。
なので、活性炭が注目された当初は、吸着が飽和状態になった活性炭を取り換えることが多かったのですが、軽く流して目詰まりを解消する程度へと運用が変化していきました。

と言うことで微生物のお家を投下。

cameringo_20170430_084626
今回はダイソーで打っている穴あきマルチを初めて使ってみました。
ちょうど5メートルなので、この畝にぴったりです

200メートル巻のロールを細切れに使うのはもったいないので、重宝しました

でも、この日は植えません。
まだ全部が蕾を持っているわけではないので、もう少し外で順応させて5/3に植付の予定です。

ここ何年かトマト苗を作っていますが、過去最強の出来です(もうないな)



cameringo_20170430_095237
昨日、第五農園の様子を見に来たけど、本日は草刈り作業に来ました
ソバは前日より芽が増えています。

cameringo_20170430_095215
目的は隣接する土手の草刈りなのですが、初めて10分で挫折です。

ゴミが多いのと刈払では切れない気があるので、ゴミ袋と手のこを持って出直します。

cameringo_20170430_100747
挿木エリアで変な虫発見!

これは女王アリ?



cameringo_20170430_102732

これはアケビを絡ませたアーチなのですが、設置時にかなり舐めていたため固定していませんでした。
数年たってアケビの勢いがすごくなると、アケビの密集した葉が強風をもろに受け土台から飛んでいきそうになりました。

昨年の台風時に倒壊しそうだったので、急きょ強剪定で切りまくりなんとか難を逃れたのですが、根本的に解決できていません。

冬の間に対処しておきたかったのですが、間に合いませんでした。

cameringo_20170430_102740
何の対策もなしに今年もマストになっています。
どうすればいいんだろう。。。。

とりあえず外にはみ出した弦はカットしておきます


強風対策と言えば他の果樹も同じです

昨年は黒実柿、レモン、ヤマモモ、ザクロがひっくり返されました。

去年小さかった果樹も今年は成長しているので、強風被害の対象になりそうなものが増えています。
cameringo_20170430_105130
公園などにある支柱を見よう見まね・・・というか、見ても居ないのでイメージでこんなことをやっていましたが、今回からバージョンアップしてみました

cameringo_20170430_105139
番線をシノでしめてみました。
鉄腕ダッシュで足場を組むのでやっているのを見て、こっちの方が頑丈で一人でやるのもやり易いのでは?と思いYoutubeでやり方を頭に叩き込みやってみましたが、キレイには出来ませんでした(^^;

cameringo_20170430_111516
小型のナナフシ?
それとも幼体?

クモのように糸を伝わっています。

いや・・・こういう形の長いクモもいたはず。

クモなの?

でも足が6本のでクモではありません(クモは昆虫ではないカニなどに近い8本です)

cameringo_20170430_111548

調べてみるとあやhりナナフシの幼体のようです。



cameringo_20170430_115859
これはバイオチェリーの実ですが、なにかに食害を受けているようです。
他のスモモも多かれ少なかれ同じような傷があります。

このままでは食べるものが無くなってしまいます。
どうすればいいのでしょうか・・・


cameringo_20170430_121023
友達に貰ったジャックフルーツの実生苗ですが、とうとうご臨終となってしまいました
残念

cameringo_20170430_123711
昼飯は極太の冷やしタヌキうどん。
2日目に蕎麦といっしょに打って置いた奴です


cameringo_20170430_132929
午後はこのほうれん草跡地につる無しインゲンを撒きます

面倒なので耕運しません

このまま撒きます(^^;

cameringo_20170430_132946
品種はさつきみどり
普段はさつきみどり2号を撒くのですが、今回は売っていなかったので。

cameringo_20170430_133405
ひと穴に2粒播きます
欠損をなくしたい場合は3粒程度まく方が良いかもしれません

インゲンは必ずと言っていいほどいじけた芽が数本入ります(俺だけかも)

インゲンの播種のもっとも大事なポイントは、少し深植えすることです。

インゲンは自分の力で皮を剝ぐことが難しいので、少し深植えにして土の抵抗で皮がはげるようにしてあげます。

cameringo_20170430_133435
次女が全部撒きたいというので任せます(^^;


cameringo_20170430_151006
次は忙しく第二農園に隣接する地主さんの放置果樹園へ。

写真は第二から見える田んぼ。
湖みたいでしょ?

ここの柿やブルーベリーをたらふく食べさせてもらっているので、気が付いたら草刈りで恩返しをするようにしています。

もっとも先に駆られていることの方が多いですが・・・・

cameringo_20170430_151408
空豆が膨らんできました。

そろそろ摘心する時期かもしれません。
次に第二へ行ったときに摘心します。

そのまま第四へ移動。

cameringo_20170430_155959
今年の初トンボを見つけました
シオカラトンボの雌らしいです。


バナーネ 〇
グリス・ドゥ・セントジーン 〇
ホワイトイスキア
LSUエバービーリング
ブランシュ・ダ・アルゲンティユ
メアリーレーン
LSUシャンパーニュ
グッドー
フランダース
レディーブラック
レディーホワイト
ビール  〇
カルフォルニアブラック
ヨルダン
ロードス
スイートカロン
ノルドランド
久留米ばさろ
シャーアンバー
ロイヤルビンヤード
アルマ
ダルマティ
セレスト
タザン
蓬莱柿  〇
サルタン
ドウロウ
ショートブリッジ
コナドリア  〇
ブリジャソットグリース
ビオレドーフィン
カドタ
キング
姫蓬莱

去年第四農園に植えた一時期の品種リストです

品種名の後ろに〇が着いているもののみ生きているのを展葉や萌芽により確認できましたが、多くの物が確認できていません。

枝が細いうちに植え付けたので、例年より寒かった今年の冬にやられて防寒対策むなしく、枝は枯れ込んでいます。
根元が生きていれば、少し遅れますが元から復活するのですがヤキモキします。

cameringo_20170430_160012
バナーネ
すでに夏果が・・・・

cameringo_20170430_160025
グリス・ドゥ・セントジーン

cameringo_20170430_160114
ビール

cameringo_20170430_160142
コナドリア

cameringo_20170430_160410
蓬莱柿

夕方です
お腹がすいたのでおやつをしに帰ります。

cameringo_20170430_174722
cameringo_20170430_174802
cameringo_20170430_174821
おやつはここでも麺です

独りで全部食べたわけではないですよ
子供たちとシェアして食べます。

どちらも味が薄く感じたのですが、肉体労働をしているからかな?


その後、後片付けに育苗ハウスへ

cameringo_20170430_181110

 発見!!

わかりますか?
BlogPaint


 赤丸を付けたところに怪しい種のロシアンオリーブが発芽しました!

タマリロに続いて2勝目です

 


cameringo_20170430_183644
日が暮れてきても名残惜しくて庭を徘徊する俺。

イチジクのドーフィンにめずらしく夏果がついていました

ドーフィンは夏秋兼用品種で暖かいところだと越冬果が枯れずに夏果になるのですが、やや寒さには弱くウチでは見たことがありませんでした。
ドーフィンの夏果を今年初めて食べることができるかもしれません



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと