こんいちは!
Guuです


昨晩はピクルスの仕込みをしました。

DSC_1260[1]

これが完成形です


今まで、穀物酢でピクルスを作っていましたが、本格的にはフルーツ酢で作るそうです。

今年はブドウが豊作でしたので、お手製ワインビネガーを仕込んでいました。
ワインビネガーはフルーツ酢の中で本命馬では?と確信の元、ネットでレシピを探したところ、ありました。ありました。沢山のレシピ。

でも、よく見るとみんな白ワインビネガーと書いてある・・・

俺の作ったのは・・・赤ワインビネガーです・・・・

困りました
 ・
 ・
 ・
3秒ほど困ったのですが、赤ワインビネガーでやること決定!!

レシピはこちらを参考にさせてもらいました。

ワインビネガーで♪本格ピクルス

「本格」と言う言葉で決定です

材料を見ると以下のような感じ

■ 具
きゅうり  1/2本 
セロリ  1/2本 
にんじん  1/2本 
赤パプリカ 1/2個 
玉ねぎ  1/2個 
■ 塩水  
塩 大さじ2強 
水 2カップ 
■ ピクルス液  
山梨県産甲州葡萄ワインビネガー 1カップ 
白ワイン 1カップ 
砂糖 大さじ10と1/2 
塩 小さじ1強 
ローリエ 1枚 
赤唐辛子(小口切り) 少々 
白コショウ(粒) 小さじ1/2 
クローブ(粒) 1個 
にんにく  1/2片 

まぁ、具はお好みなので、キュウリとナスとオクラを使う事にします。

「山梨県産甲州葡萄ワインビネガー 」のところを、我が家の特性赤ワインビネガーに置換します。
ちなみにこのワインビネガーの材料の葡萄はキャンベルアーリーというかなり昔からある定番品種のようです。


ん??
白ワイン?

今までピクルス汁にワインなんか入れたこと無いので、ノーチェックだった。
家で酒を飲む事なんてあまりないので、用意していません。

が、放置してある葡萄汁ならあります。
DSC_1035[1]
コレね

最終的には白ワインビネガーに成る予定ですが、途中なので1%以下のワインもどきになっているかもしれません。
比重系もないので、アルコール濃度は判りませんが、薄めるので確実に1%以下になります。
因みに1%以上は酒税法の対象になるらしいのでお気を付けください。

白ワインの代わりにこれを使います。
原材料の葡萄はナイアガラという緑系の中粒葡萄です。

実際にワインの原料としているようです
DSC_1066[1]


ほらね

野菜を適当なサイズに切って塩水で漬けます
DSC_1256[1]

DSC_1257[1]

 
で、そうしている間に汁づくり

唐辛子は我が家の激辛生唐辛子を1本丸々使います。
 DSC_0797[1]

DSC_0204[1]

ニンニクは6月に収穫したコレを使います。


で、あとは奥さんに頼んで風呂に入ってきます。

すると ほら!!

DSC_1254[1]

 
漬け汁の出来上がりです!!

味見をすると、かなり辛いです。この唐辛子はかなり辛いので1本では多すぎたかもしれません。

が!!

辛いものは好きなので良しとします

で、野菜を煮沸消毒した瓶につめて、この汁を注げば出来上がり

 DSC_1260[1]

このまま、2,3日放置です。

我が家には粒白コショウなど無かったので、粒黒コショウで代用しました。

グローブは息子のがありますが、入れても硬そうなので入れませんでした。

ローリエは市販のものなので、いずれ苗木を調達してきます。



今週末ぐらいには使っていると思うので楽しみです
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと