こんいちは
Guuです


今回も土日はへとへとになるまで野良人になっていました。
かなり忘却しているので時系列を無視して書きます。


まずは追加のニンニクです。
1回目、2回目とはまた違ったスーパーで種球を仕入れてきました。
IMG_20151002_214443[1]
IMG_20151002_214502[1]
IMG_20151002_214514[1]

正真正銘の中国産です。
298円でしたので、数は忘れましたが最安値だった気がします。
2ネット購入しました。

これをいつものようにバラして、洗って浸漬します。
IMG_20151002_231253[1]


金曜日の夜に仕込んだのですが、翌日には根が出始めたものがありました。
日曜日にそれより二日ほど早く仕込んだ2回目の種球と一緒に植付け、ました。

で、時は飛んで日曜日。

IMG_20151004_121750[1]

植付けの様子は、前回と同じなのでカット。
この写真は1回目、1週間前に植付けしたものです。
どうです?
早いでしょ?


で、時間は撒き戻って土曜日。

IMG_20151003_070740[1]

IMG_20151003_070744[1]

超低気圧で今回も泥まみれのブロッコリーです。
寒冷紗トンネルなんて関係なく、泥を浴びていました。

このままだと成長が萎縮するので泥を水で落としてあげました。
IMG_20151003_073316[1]

IMG_20151003_073319[1]




IMG_20151003_073553[1]
これはステビアの花です。
ステビアはその音から何となく合成甘味料と思っていましたが、植物なのです。
砂糖の300倍の甘みを持っているらしいのですが、利用法をまだ考えていません。


先日の残りのアケビも実が割れていました。
IMG_20151003_073717[1]
IMG_20151003_073706[1]
IMG_20151003_122822[1]

見た目は芋虫のようでえぐいですが、甘みは強烈です。ポポーやイチジクに近いものを感じます。



ここまでは第一農園です。

一方第二農園では、強風で梨の古木が主枝が折れていました。

IMG_20151003_085200[1]

この木は、我が家の木ではなく畑を貸してくれている農家さんの木なのですが、基本放置で実をつけているのも見た事ありません。
去年も台風で3本の主枝のうち1本折れたのですが、これであろ1本しか残っていないみすぼらしい樹形となってしまいました。

この枝の先が、白菜畝にかかっているのでj除去することにします。

IMG_20151003_085147[1]

息子が手鋸で頑張りますが、太すぎです。

チェーンソーが必要ですが、我が家にあるのは庭木想定なので、電動です。
コンセントが無いと使い物になりません。

そこで近所のエンジン式チェーンソーを持っている方に頼んで、ザクザク切ってもらいました。
1メーターぐらいで切った木は、キクラゲの原木栽培に挑戦してみようと思います。
DSC_4526[1]




第二農園のスイカとサツマイモを片づけて白菜畝を作ることとします。

IMG_20151003_084933[1]

食べごろのスイカがひとつあります。
種を撒いたのが7月。
植付けは8月という超抑制栽培です。

ギリギリ間に合ったと言った感じです。
因みに種は、一昨年スーパーで買った種から去年作ったスイカのものです。
F3ととでもいいましょうか(笑)


IMG_20151003_084942[1]

近くに小さいのも出来ていましたが、間に合わないので諦めます。

で、時系列無視で食べる直前の写真。というか既に半分食べ終わっている写真です。
IMG_20151004_074355[1]

ちょっと早めでしたが、まぁまぁ食べられるものになっていました。
去年は、このタイミングでばっちりでしたが、今年は日照が少なくて遅れ気味だったようです。
ギリギリを狙っているわけではないので、来年は6月までに播種することとします。


IMG_20151003_085045[1]

先々週の試し掘りで、あと1週間はおきたかったのですが、試し掘りしてみるとやはりまだちょい小さい。


しかし畝があかないので全部掘ることにしました。


IMG_20151003_092043[1]

邪魔なツルをカマでバサバサ切って、引っこ抜く

IMG_20151003_092159[1]



良い大きさのも混じっています。

IMG_20151003_103933[1]

結局、最終的にはこんな感じです。

この畝はツル苗10本なので、それを考えたら良くできたほうかもしれないです。

主力は第三農園なのですが、こちらは余裕があるのでじっくり待ちます。

因みに今回収穫したサツマイモは話題の最新品種シルクスイートです。


2週間前に試し掘りしたものを試食してみます。

DSC_4527[1]

天気の良い日は日に当ててでんぷんの糖化を促しています。

あ、そうそう。はじめてサツマイモ栽培をする人は気をつけてください。

掘りたての芋は甘くありません。

よくTVとかで掘りたての芋は最高だ!!みたいな演出があったりしますが、嘘です。
というかそう言うケースはあるかもしれませんが、俺は知りません。

掘ってからしばらくは甘みも無く、ただ澱粉を食べているような感じです。
1ヵ月程度追熟することによって生まれ変わったように甘くなります。

サツマイモが甘くないと感じるひとは、年を越すまでまってから食べましょう。

また日に当てると甘くなります。それとゆっくり火を通すことによって、澱粉を分解する酵素が働き、糖化し、甘くなります。
60~70℃を長くキープすることが甘くするコツです。

今回はオーブンで簡単に調理しました。
凝る時はダッチオーブンに小石を入れて、その中で4、5時間ゆっくり焼くことも有ります。

で、今回の試食のレポですが、甘みはまだそれほど上がっていないような気がしますが、まぁ普通に甘い。
紅あずまのマックスぐらいにはなっているように感じます。

特筆すべきは、繊維質が口にあたらない。
濾したイモキンのようです。
まさに絹のような舌ざわりです。

また、サツマイモ独特のエグミというかモッタリ感があまりありません。
胸やけはかなり軽減するはずです。その証拠に我が子供たちは、え!と思うほどむさぼり食っていました。


IMG_20151003_114046[1]

小豆が熟してきました。
ぜんぶ一斉に熟さないので、熟したものから収穫するらしいのですが、ここに来て実が少ないのに気が付きました。
実は植える前から、その可能性は知っていたのですが、意外に成っているじゃんと思っていたら、葉が落ちて来て実が見え出すと、これで餡子が作れるの?っていうぐらい少ないような気がします。

当初より懸念していて思い当たるのは、種がスーパーで売っている食品用の北海道産だということ。

問題は、スーパーで売っていることでも、食品用ということでもなく、北海道産ということ。

北海道が悪いと言うことではなりません。北海道で栽培されている品種は関東には向かないということです。
もともと作型が違うので、実が付きにくいと言う記事をどこかで読んでいました。
夏撒き秋取りするには秋小豆系を使うのだそうです。

反省。
来年はそうしよう。


さらに反省すべき点を発見!!

IMG_20151003_112704[1]

キャベツとコスレタスを混植したつもりでいたが・・・・・コスレタスの葉の形が違う・・・・

こ、これは・・・・ステムレタス・山クラゲだ・・・

どこかでラベルを間違えたぁ~~~

キャベツの株間だと山クラゲではでかすぎて、キャベツに日が当らん。
何とかしなければいけません。

少し早いですが、今週末天気次第で山クラゲを収穫します。





と、いうことで第二農園エピソードは終わり、舞台は第三農園です。


一番初めにニンニクのことは触れましたね。
ニンニクも第三農園の事です。

第三農園ではニンニク以外にやっておかないといけない大事な事がありました。

それは落花生の収穫です。

実は、落花生は本気じゃないというか・・・突然借りた広大な第三農園に植えるものを決めていなかった5月ごろ、雑草をどうするじゃ?堆肥はまだ届かないのか?肥料だけでも相当金食うな。
と懸案事項が山積みだったころ、近所の農家さんが植えるものが無いのなら落花生植えとけと言って、種を沢山くれたのです。

が、当時は落花生ってなんかつまらないよね。
食べるとこすくなし、地味だし、周りはみんなやっているし。
おまけに田んぼ跡地の畑を借りている茨城の母親も落花生を作って持ってくるのだけど、出来は残念な感じだ(言わないけど)

なので、モチベーションは非常に低かったんだけど貰ったので撒いたと言う体裁が必要で、取りあえず5メーターぐらいの畝に2列撒いた。
たぶん株数で25ぐらいだと思う。

これが面白いように発芽し、砂漠か雑草のジャングルだった第三農園を畑っぽく演出してくれた。

管理楽だし、今年の不安定な天候でも害虫や病気の被害などでずスクスクと育ってくれた。
優等生に見えた。

徐々に期待が高まりつつ収穫期を迎えたのだが、果たして!

IMG_20151004_103021[1]

カメラの設定が悪くピンボケ(昔の写真のようだ)

IMG_20151004_103040[1]

たいぶ葉が落ちて株が痩せて来ている。
そろそろ収穫いいんじゃないの?

IMG_20151004_103256[1]

ふんぬいた(この辺の言葉で引っこ抜くということらしい)

この時、あたりいったいは落花生の芳醇な香りで満たされる。

テンションあがるぁ~~

出来てる出来てる

IMG_20151004_121758[1]

ひっくり返してしばらく干しておくらしい。


2株ほどフレッシュ落花生の塩ゆでをするため持ち帰る

IMG_20151004_130606[1]
ど~~ん

食べる

IMG_20151004_130959[1]

中もばっちりキレイな実です。

まぁ、美味かった。

特に未熟果は柔らかくて甘くてとても美味かった。

来年は本気出してもっと作付しようと思いました。


で、再び第三農園



IMG_20151004_114955[1]

黒豆を作っているのですが、枝豆を食べたくて少し収穫しました。

IMG_20151004_115000[1]

1歳の子供が遊びに来たので、手伝わせました。

DSC_4521[1]
で、これも茹でたてで頂きました。
甘くてトウモロコシみたい!!
(初めてではないので、興奮度は中)


IMG_20151004_121706[1]

奥さんがゆかりを作りたいと言うので栽培していた赤シソもようやく少し収穫しました。

真中で睨みを利かせているのはハラビロカマキリです。


と言うことで、土日の作業もつつがなく終わりました。

最後に!
この日の昼食は、九州の友達が送ってきてくれた九州ラーメンです。

DSC_4525[1]

俺は陸九州男児なのですが、眠っていたDNAがゆすぶられました。
久々に行きたい


おしまい



























 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと