C360_2015-09-27-16-42-13-235

こんにちは
Guuです。

本日2本目です。
この写真は先日紹介した我が家で初めて成った「黒実柿」の再アップです。

黒実柿の来歴は良く判っていないらしいですが、どこかのサイトで東北地方で偶然発見された突然変異種らしいと言うことが載っていました。

この見た目のためか営農している産地は無く、知っている人だけが細々と栽培している非常にレアな柿らしいです。

我が家での導入のいきさつは、お隣の家庭菜園友達のおばあちゃんとの井戸端会議の中で、近所の農家さんが黒実柿の木を所有していて、そのおすそ分けを貰って食べたら、ひじょうーに甘かったと言っていました。

でも、俺はその農家さんの事は知らず「くれっ!」とは言えないので、遠まわしに「いいなぁ~俺も喰ってみたいなぁ~」と言っていたのですが、叶わずでした。
それから1,2年後、偶然ホームセンターで黒実柿の苗木を発見。
売れないのか二束三文で売っていたので、即ゲット。

柿の木は、引っ越す前から前の地主の植えた大木があるので必要ないのですが、ルアーを目の前に落とされたブラックバスのように衝動的にパクッとしてしまったような感じで手に入れました。

それから3年。実がならず、木もあまり大きくならないので忘れていたところ今年ひとつだけ実がなっているのを発見ということになりました。

色が色だけに収穫時期が判らなかったのですが、ガクの部分が黒くなってきたので、もういいだろうと思い切って収穫。

IMG_20151020_080815[1]

黒と黄色が混ざったような色です。

先日は、黒と緑でしたのでやはり熟したと言う事でしょうか。


で、割ってみました。
IMG_20151020_081031[1]

 ぱっか~~ん

中は全く普通の柿です。
元は東北地方の不完全甘柿ということは、種が入らねければ渋柿になるらしいのですが、しっかり種が入りゴマが出ています。
柿のゴマは、渋の要素を不活性化した結果だと、先日どっかのTVで見た記憶があります(うろ覚え)

IMG_20151020_081245[1]

とにかく、たぶん、大丈夫だろうと言うことで、まずは横でキーキー騒ぎながらよこせポーズをしている1歳の幼児にあげて 味見してもらいます(鬼か)

様子を観察していると、大喜びで食べています。

人生の渋い初体験は先延ばされたようです。

我が子の元気な姿を見て安心して食べてみます。


うん。あまい。 

いい感じです

良くある柿と同様に普通に甘いです。

ほんと普通に甘いです。

まったく普通です。
 
おもろい味を期待していたので、ちょっと残念です。

まぁ、レアフルーツと言うことで近所の社交の実弾としては、しばらく使えそうです。

ラッキーな事に近所の農家さんは、畑を拡張するために切ってしまったらしいので、この辺で黒実柿を持っているのは俺だけです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと