昨日は昼過ぎから急にラーメンが食べたくなりました。

はじめはタンメンが食べたいなぁ~~と思ってスープの作り方を調べていたら、博多ラーメン食べたくなりました。

博多ラーメンの加水率は30%以下と言われています。

その超手加水では人の手では伸ばすことができません。

最近ハマっているヌードルメーカーでも無理です。

樹脂性の製麺機(パスタマシーン)ありますが、それでも壊れます。

かなり屈強な金属の製麺機が必要です。

なので、博多麺はあきらめて、細麺のなるべく低加水麺で、博多ラーメンぽいタンメンを作ることにしました。

調理は3ブロックに分かれます

1.製麺
なるべく低加水にするため、今回はヌードルメーカーを使います。
材料は強力粉(麺遊記)450g、片栗粉50g、、冷水180g、塩5g、液体かん水3g

捏ね時間は8分、アタッチメントは1.3mm丸麺です

製麺後、ラップをして30分ほど寝かします


2.スープ
あご(トビウオ)の出汁、チキンスープの素、コンソメスープの素すべて顆粒を適当にお湯で溶く。
少し物足りないぐらいに調整

牛乳、自家製味噌、醤油、コショウで味を調えホットプレートの上で保温(煮立たせない)

3.具 
ニンニク、ショウガを常温から多めの油でゆっくり炒める。
豚バラ、たっぷりの九条ネギ、白菜、椎茸を投入。塩と酒を入れ白菜のスープを誘発する。
しなっとなってきたらOK 


麺の茹で上がりと3のタイミングを合わせて出来上がり

cameringo_20161129_203834
 
最後は醤油を少し回しかけることで生醬油で味がしまる

cameringo_20161129_203825
きざみ生ネギと胡麻をかけて完成!!(味変に紅しょうがは有りです)

どうですか?
見た目は白湯で博多ラーメンのような色でしょ?
スープの味も博多ラーメンから、獣臭さを除いたような味になります。

あの香りが好きな俺には少し物足りないけど、最後までスープをごくごく飲めるほど旨いです

cameringo_20161129_203902
麺は、流石にヌードルメーカーを使っただけあって麵線がキレイです。

博多麺のようなプツプツ感はありませんが、細ストレート麺はしっかりスープを掻きとってくれます。

あ、因みにスープを少し物足りないぐらいに調整したのは、炒めた具から野菜や肉のうまみが加わるからです。
ちゃんぽんスープ的な要素を期待しました。

それと俺の拘りですが、スープは熱々にしてはいけません。

よくスープが熱々で旨いというレビューを見ます。
実際、熱々のスープを出すラーメン屋さんも多いです。

ですが、ラーメンのメカニズムは、麺でスープを掻きとって食べることです。
これは日本蕎麦もうどんも基本的には同じです。(パスタは違う)

だから「すする」のです

熱々のスープだと、この「すする」が出来なくなります。

ふーふーしていたら、せっかく絡んだスープが落ちていきます。

モグモグしていたら麺とスープが混然一体となって口の中に入ってきません。

なので麺の長さも噛み切らないで一口で入る長さが理想です。

これを理解しているというか、俺と同じ考えのラーメン屋は多くは無いです。
気が付いていないのか、それとも別の哲学に基づいているのか・・・。

でも確実に意識しているラーメン屋さんは少しづつ増えているような気がします。

熱々スープのことで本人がアツアツになってしまいました(^^;;
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと