土曜日&日曜日です。

天気良いです

この日は色々やったのですが、並行して作業をしていたので、時系列どおり記述すると訳が分からなくなりますので、時系列を無視して作業内容ごとにまとめます


先ずは蕎麦の調整作業です

前回までに1回目の風選まで終わっています。

本日は2回目の風選作業から始まました。

cameringo_20161203_094851
風選前の玄蕎麦です
ゴミが結構混じっているのが分かるかと思います。

cameringo_20161203_100747

今回も即席手作り唐箕でがんばります

cameringo_20161203_100545
2回目の風選が終わりました。
大きなごみは大体なくなりました

cameringo_20161203_103149
 3回目の風選後は、ほらこの通り。
でもまだゴミはあります。

cameringo_20161203_103549
循環式精米機の負荷を最小にして磨きをかけます。
この時に、ホッパーの上から息子と二人で覗いて、ゴミを見つけたら除去します。

まるで魚道を上がってくる鮎を食べる鳥のようです。

cameringo_20161203_103718
磨きが終わりました。
花柄もキレイに取れて無くなっています。
もちろんゴミは皆無です

玄蕎麦を取り出しながら、玄蕎麦が通らないサイズのメッシュで篩をかけ、小さな小石を落とします。

cameringo_20161203_111038
ダストボックスには、この通り。
花柄や土ボコりです。
磨きをしないと、蕎麦が土っぽくなるそうです。(未経験)


本来、蕎麦の調整はここで終わりですが、俺ももう1工程やります。

cameringo_20161203_111947
水洗いです。

まだ表面に残っている土ボコりを落とすします。

またこれを移し替えるときに小石など底に残るので、石抜き作業も兼ねます。

cameringo_20161203_115114
濡らすことにより発芽トリガーが押されないように、洗ったらすぐに天日で乾かします。

cameringo_20161203_145228
調整が終わった玄蕎麦です
これを撮影した時は、既に日が沈みかかっていたので、色合いがイマイチですが、ゴミが無いことが分かるかと思います。


cameringo_20161203_150158
こちらは納豆用の小粒大豆の脱穀です。

大豆系はカラカラに乾かしてみんなで凹にするのが手っ取り早いです。

しばらく叩いたり踏みつけたりすると、キレイに殻からでてきます。
マメは硬くなっているので、踏んだ程度では壊れません

cameringo_20161204_081938
20分ぐらいでこんな感じになります。

cameringo_20161204_081952

大きな枝などを取り除いて、目の粗いふるいにかけてあげます。

これで形が壊れていない莢などを除去します。

cameringo_20161204_094258
次に篩をかけてあげます。

cameringo_20161204_094342
とうしても下流側にはまだゴミが残ってしまいます。

ある程度豆を捨てるつもりで、調整すればよいのですが、貧乏性なのでそれはできません。




cameringo_20161204_105053
3度ほど風選してここまでになりました。


cameringo_20161204_125151
屑豆などの除去も必要なので、これ以降は手作業で行います。

これは子供たちが考えた選別方法らしいです・・・・効率悪すぎ・・・・

cameringo_20161204_125147
屑豆を目当てに鶏がやってきました。


cameringo_20161204_214054
結局、子供達では手に負えなかたったので俺の作業になりました。

白いお盆の上で、良マメとゴミ・クズ豆を分けていきます。

途方もない作業なので、TVを見ながら、しばらく毎晩の作業になります。

cameringo_20161204_214101
因みに作業が終わったマメはこんなにきれいです

納豆が待ち遠しいです。


ここからはアマランサスです。

cameringo_20161203_093011

1か月以上乾かしていた穂をその辺で落ちている廃材でガシガシ叩きます。

廃材のが俺の手のサイズに合わなくてやりづらいです。

cameringo_20161203_093728
ぶっ壊れた木の椅子の足を持ってきました

バッチリです

cameringo_20161204_082702
娘と二人でたたいていると、なんか原始人みたいです(^^;;


cameringo_20161204_111309
ある程度ほからはがれたら、虫目の篩を通します。

cameringo_20161204_113611
唐箕をかけましたが、いかんせん、アマランサスの粒は小さすぎて調整が難しいです。


仕方がないので、もっと細かい調整ができる手箕で地道にフーフーします。

cameringo_20161204_130800
だいぶキレイになりましたが、小さな葉のカスがまだ残っています。

どうしたものだろうか・・・・

そもそも葉も食べられるらしいので、良いのでは?と名案にたどり着きました。

cameringo_20161204_130753
なんかいい方法があれば教えてください。


cameringo_20161127_135428
先週、ドングリを沢山拾っておきました

マテバシイの実です

cameringo_20161204_131601

汚いので洗うことにしました

cameringo_20161204_131706

 浮いたものは虫が入っているので、捨てます。


何度がジャブジャブして乾かしておきました(写真無し)

これは、でんぷんを精製してそれで最高級冷麺を作ってみたいと思います。
 

ここまでは穀物の調整の話ばかりでしたが、奥さんの両親が遊びに来ていたので、お土産に持って帰ってもらおうと牛蒡なんかも掘ってきました

cameringo_20161203_130324



cameringo_20161203_130505

昼飯のラーメン用に贅沢にも下仁田ネギを使っちゃいます

cameringo_20161203_130524
 鍋用に作っていたのですが、良いサイズになってきました。

cameringo_20161203_132428
下仁田ネギでしっかりネギ油(香味オイル)を作りました

cameringo_20161203_141133

 醤油スープの昔っぽい細麺ラーメンにしました。
ネギの風味が良かったです

 日曜の午後は一通り予定した作業が終わったので、独りで第三農園へ様子見に行きました。

cameringo_20161204_143901

野良小麦はとうとう実が入らないまま枯れてしまいました。
残念です。

cameringo_20161204_143939
こちらは黒豆。
この収穫が年内最後のまとまった作業になりそうです。

cameringo_20161204_144030
高菜です
先日の突然の雪のダメージが取れていません。
新葉が出て来たら収穫します。

cameringo_20161204_144111
大根でもとって帰るか・・・・

cameringo_20161204_144121
と抜いたらあまりにも貧弱だったので、

cameringo_20161204_144156

3本も持ち帰ることになりました。


cameringo_20161204_144305

聖護院蕪も大きくなっています。
これも持って帰って漬物にしよう

cameringo_20161204_144315

遅れてはいるもののいい感じだと思います

cameringo_20161204_144509

 5,6個抜いて帰りました。

 
家に帰ると次女が、「畑に行きたかった~~!」とぐずっているので、近くの第二農園へ二人で行くことにしました。

 cameringo_20161204_153424
もう日が沈もうとしています。

今週末もクタクタです。

でも、こんなんでも楽しいひと時です

いずれ子供達もまったく手伝わなくなるでしょう

俺も飽きてしまうかもしれません。

それでも今がまぁまぁ楽しければいいです

と、物思いに耽っていると次女が「しゃしんとってぇ~~」と 
cameringo_20161204_154146

 雑草を取ってきてそれを誇らしげにかざした写真を撮ってほしいそうです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと