今朝は、先日採集してきたカマキリの卵を第二と第四農園に設置に行きました。

cameringo_20170323_063739
ここのおよそ150個の卵のうがあります。

農園についたら片っ端につけます

近くの付けても怒られないところにも付けて行きます(笑)

cameringo_20170323_063935
cameringo_20170323_065748
cameringo_20170323_065757
cameringo_20170323_065804
cameringo_20170323_065812
cameringo_20170323_074138
cameringo_20170323_070103

こんな感じで、枝が長いものは地面に挿し、短いものは枝に結びます。

この時気を付けるのは、雨水の跳ね返りに合わない場所や角度、高さ。

鳥に見つからないように目立つところは避けることです。

時期も時期ですので数日で孵化します。

幼虫のころはアブラムシやコバエなどを積極的に食べてくれます。

大きくなるにしたがって、蛾や毛虫、カメムシ、コガネムシをなどを捕食していくので農園の用心棒として使えます。

自分の畑を守るためには、周りの害虫密度を下げることも重要なので、有用性を説明して近所にも配っておきます。

数年、これでやっていますが、害虫に対して薬品を使うことはまずありません。

しかし、150個もやるとへとへとです。
まだ100個ほどあるので、第三農園と第五農園に明日にでも設置に行きます。


先週撒いた大根とトウモロコシが発芽していました。
cameringo_20170323_073946
寒冷紗の中の大根です。
月曜日にモンシロチョウを見ました。
既に敵は行動を開始しています。

アブラナ科は寒冷紗でキッチリ防御しておきます。

cameringo_20170323_074005
マルチ+トンネルの中のトウモロコシです。
中は乾燥しがちで不安でしたが、ようやく発芽しました。

で、ここまででタイムアウト。


cameringo_20170323_081348
朝は蕎麦打ちした時に出るカス(きれっぱ)の蕎麦を、水と一緒にペットボトルでシェイクし一晩おいてガレット生地を作りました。

ナイスアイデアでしょ?

俺の案じゃありません。蕎麦のコミュニティーのメンバーが考案しました。

Goodです(^^




 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと