我が住んでいる村は、落花生王国の一角。
多くの農家が毎年とりあえず落花生を作っています。
「とりあえず」と言うのは、八街のように大規模栽培ではなく、兼業農家さんが直売所に出す程度の規模でつくっているような感じです。

そろそろ落花生の播種の時期です

いつもは近所の人とあうとこちらから言わずともタネをくれるのですが、ここのところあまりご近所さんにあっていないというか、あった時に種くださいと言いそびれた。

なので昨晩は管理が行き届いて居ない去年の収穫物からタネを取り出すことに・・・・。


cameringo_20170531_222208
こんな感じで9割がカビている・・・・・・


cameringo_20170531_230749
無事だったのはやっとこれだけ。
ぜんぜん足りない

やはりどこからか貰ってこないと・・・(買ってくるという発想は落花生王国には無い)


と言うわけで、今朝の作業にチェンジです
今朝は小雨。

判っていたことなので畑に行く予定はないです。

なので曇っていたり湿度が高いときにやった方が良いように思える作業。
いつぞやの挿木をしたオチャの鉢上げをしました。

cameringo_20170601_064433
プランターいっぱいに挿したお茶も四株しか生き残っていません。

cameringo_20170601_064426
根を傷めないように掘り出してあげると、まだ透明。発根間もない?

この時期に鉢あげしてよかったのかかなり不安。
オチャは常緑なので、そもそも休眠がありません。いつだってリスクいっぱいのような気がします。


cameringo_20170601_065246

ポットに植えたら、ガンガン水をかけて培養土と根の空隙を無くしてあげます。
あれ?
ラベルが、サヤマカオリのはずなのにサマカオリになってる・・・まぁ、いいか

cameringo_20170601_065533
これはイチジクの接木を作ろうとして失敗したもの。
耐病性を持ったホワイトイスキアを台木にしてバナーネを接いだつもりだけどダメでした。
台木のホワイトイスキアは活着したようですが、穂木のバナーネが枯れました。

ただでさえイチジクの接木は難易度が高いらしいので、不器用でテキトーな俺にはハードルが高すぎたかもしれません。

取り合ずホワイトイスキアを独立させます。


cameringo_20170601_065813
こうしてみるとイチジクの発根は切断面のカルスではなく、表皮から直接不定根が出て言るように思えます。
挿木時に形成層を出す意味があるのか疑問です。ひょっとして無駄作業かもしれません。

この辺までやって飽きてしまいました。まだたくさんあるんだけど・・・・

そうだ!昨日シャインマスカットを浸漬したジベレリン&フルメット溶液が残っているので、キウイを付けてみよう!

たしかフルメットの説明書にキウイの肥大化と書いてあったので、一部だけ実験的につけてみることに。

cameringo_20170601_074155
日当たりの比較的良い一段。


cameringo_20170601_074204
日陰の一段。

小さい実が信条のレインボーレッドが、周りのレインボーレッドに比べてデカくなったら効果ありと言うことで来年から正式採用します。

とは庭観察で終わりにするか。


cameringo_20170601_073535
サルナシが結実して肥大してきました。


cameringo_20170601_073429
クワです
スイートマルベリーという名で日本花卉ガーデンセンターさんで購入しましたが、ちっともスイートじゃなくてまずいです。

でも豊産性で大きい実です。

でもでもどんなに大きくても、どんなに豊産でも、不味ければただのゴミです。

貧産で、小ぶりでも旨ければ役に立つのに・・・・・

今年こそ野生の旨いクワを採ってきてこいつに接ぎます。



cameringo_20170601_075402
モモのひなの滝です。
去年1個食べましたが、今年も1個です。

この桃こそ豊産性のはずだったのに、いつまでたっても本領発揮してくれません。
我が家ではかなり古いほうの部類なのですが。。。。

cameringo_20170601_075500
とりあえず大事な1個なので袋掛けしておきました。


cameringo_20170601_075618
ポポーのミッシェルです
沢山花が咲いて人工授粉もし、少し大きくなったのに2房残して全部落ちてしまいました。

その代わり中学1年生男子のように急に背が伸び始めました。


cameringo_20170601_075651
因みに2房の、もうひと房はコレ。

これもヤバいかも・・・・


cameringo_20170601_075710
こちらは今年初めて花を咲かせ、しかも活着までしている我が家で一番古いが身長が50センチぐらいしかないオーバーリース。

トップに結実したが、その先に葉がないことが気になります(^^;

cameringo_20170601_075727
こちらは先述のオーバーリースとともに800円で買った実生1年生だったポポー。
初結実ながら今のところ6房もついています

しかも先に品種物よりデカい。
cameringo_20170601_075739

これで旨ければ優良品種の誕生かもしれない!!っとまたまた夢を膨らませています(^^;


cameringo_20170601_075800
ただし嫌なものも見つけちゃいました
カメムシです

イチジクでたまに見かける奴がポポーについていました。

害虫しらずのポポーにつくなんて嫌な予感・・・・。

cameringo_20170601_075952
ポポーの隣にあるイチジクのバナーネです。
沢山あった夏果もなぜか落ちてこれ一つになってしまいました。
残念です

cameringo_20170601_075942
でも秋果は順調に出てきました。
お盆以降、雨が少ないと良質になるのにな~~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと