今朝は雨こそ止んでいましたが、寒いうえに風がやや強い。

と、言うわけで第二農園付近のご奉公草刈りを予定していましたが、延期です。

その代わり、昨日やろうとしていてサボったことをやります。

cameringo_20170901_070722
これ、九条ネギのネギ坊主を乾燥させたものです。
ここからタネ採りをするのですが、本当なら7月中にやっておきたかったことです。

なぜならネギ類は夏を超えると極端に発芽率が落ちるので、採取後冷蔵庫で保管しておきたかった・・・

因みにコレは滅茶苦茶暑い南側の玄関ポーチに放置していました。
発芽率が気になります・・・・(^^;;


cameringo_20170901_070730
作業はここからタネを落として集めてゴミを吹き飛ばす。という作業になります。

ちょっと湿気があって落ちづらそうです。


cameringo_20170901_070744
容器の中で混ぜたり、叩いたりして落とします。
感応している日にやりたかった・・・・


cameringo_20170901_071257
こんな感じでどうしてもカスが混じります。
このまま撒いてもいいのですが、もう少し手を加えてあげます。

cameringo_20170901_071637
手箕を使ってゴミを吹き飛ばしました。
完全を求めていないので、こんな物で充分です。

cameringo_20170901_072253
ついでに播種までしちゃいます
育苗箱に培養土を入れて、テキトーにばら撒いて、べしべし叩いておしまい(^^)/

このままホウレン草のタネ採りもしたかったのですが、飽きてきたので別の作業を始めます。

ここでいい素材があったので、Guuが考える良い培養土と悪い培養土を紹介したいと思います。

cameringo_20170901_072204
良い培養土です。

cameringo_20170901_072212
悪い培養土です。

良い培養土の方が粒が細かいです。
一方悪い培養土は大きなバーク堆肥を使っているらしく、フワフワするも乾燥しやすく挿木や芽だしには向きません。
今年のネリカ米の苗づくりは、この悪いほうを使ってしまったため遣りづらかったです。

どちらもホームセンターブランドの一番安い培養土です。
あえてホームセンター名を書きませんが、バーク堆肥をガンガン使っているものは避けたほうが良いでしょう。


cameringo_20170901_072709
これは春先に挿しておいたムベの挿木です。

落葉樹などは冬になり葉が落ち、休眠に入ってからポットに移すのがいいのですが、常緑樹は休眠しないので、一番ダメージが少なく、かつ回復が早いのは春と秋なのではないか(推測)と言うわけで、ポット上げすることにしました。

cameringo_20170901_072908
根はこんな感じ。

赤玉土に挿したのですが、培養土に挿すより根の発育は大人しく感じます。
その代わり清潔なので培養土に挿すより発根率が高いです。

手間と土代さえ惜しまなければ、今回の様に赤玉土にさして、発根してら培養土に移すというのが一番良い気がします。(妄想)

cameringo_20170901_073836
同じに挿したのに、こんなに成長していない苗もありました。

cameringo_20170901_074621
13.5センチポットに移して潅水して終了。
しばらく日陰に置いておきます。

cameringo_20170901_074824
挿木と言えば、春先に挿したお茶が枯れずに頑張っています。
これが全部発根しているなら、かなりの活着率だと思います。

実生苗も作っていますが、発芽率を遥かに超えるので実生がバカバカしくなります(><

cameringo_20170901_074834
無事発根したかどうかは、育苗箱の下から根が飛び出した居るかどうかで判断するのが確実ですね。

と、言うわけで残りの時間は第一農園の見回りと収穫です。

cameringo_20170901_061928
ニワトリの卵を見つけました。

cameringo_20170901_062214
地ばいキュウリがでかくなりすぎです。

地ばいのネックは、見つけにくいことになります。
どうしても葉の中に隠れるので、採り忘れが多いです。

cameringo_20170901_063108
ドーフィンが完熟していますが、昨日一日雨が降っていたので味は期待できませんね。

cameringo_20170901_062728
こちらはバナーネ。
白いツブツブはイチジク汁(ポリフェノール)ですが、こんなポチポチで出るのは初めて見ました。

この周りの実3つ程度が同じようになっていました。

cameringo_20170901_063257
これは採り遅れで腐ったものです。
雨が降るとあっというまにこのように腐るものが多いです(特にバナーネ)


cameringo_20170901_065623
ナイアガラですが、今年はこのように房の中でダメになっている実が多いです。
日焼けでしょうか?
それとも細菌性の病気??

cameringo_20170901_065632
日が当たるところでも、まったく無害の房もあります。

cameringo_20170901_065749

カキが高いところで色づいています



でも喜べません。


これは熟したカキではなくヘタムシの仕業です。

ヘタムシは食害し、カキが落ちる前に脱出して次なるカキに入りまた食害を繰り返すので、早い時期に色づき始めた実は摘出し、ヘタムシをなぶり殺しにしておきます。

手がべとべとになり撮影を諦めましたが、脚立で上の方の実を摘出し、ヘタムシを3匹ほど血祭にしました。


cameringo_20170901_075639
と言うわけで、本日の収穫です。

ん??

なんか足りない

お!そうだ卵が無い。

cameringo_20170901_075911
と言うわけで、せっかくなので卵(真ん中)を追加して写し直しました(^^;;


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと