日曜日は、強風です。

しかも寒いです。

この日は長男が模試だというので、仕方なく会場まで送り届けて、無理やり長女を引っ張り出して第三農園へ。


cameringo_20171217_093926
強風で透明ビニールマルチを使った薄いトンネルは無残なことに・・・・

これは・・・・どうしよう・・・・

あとで考えることにし、とりあえずビニールの撤去を娘にお願いする。

cameringo_20171217_095333

その間、この畝の左隣の空いているところを苦土石灰と化成肥料を撒いて耕すことにします。
もっとも先日、長男が間違ってここに堆肥と鶏糞を入れて耕していたので、サクッと終わらせます。


cameringo_20171217_110916
で、マルチを張ります。
強風なのでちょいっとしんどかったですが、無事張れました。
因みにこのために長女を連れてきたのですが、寒くてお腹が痛いと言って帰ってしまい、マルチ張り終えてから戻ってきました・・・・相変わらずこの娘は・・・


cameringo_20171217_111436
今回は、2週間前の玉ねぎの続きです。
苗がかなり余ったので、マルチ無しで簡単に植えようかと思いましたが、モウレツに寒く、既に先に植えた苗も大ダメージを受けているので、今から植付でマルチ無しは無理と判断しました。

必要分だけマルチを張ろうと思いましたが、必要分が判らなかったので、とりあえず畝全部に張りました。余ったところは3月に大根でも撒きます

cameringo_20171217_111440
苗も西洋画イマイチです。


結局100本程度↓植えてけず、余ったか細い苗は持ち帰り、別の施策をすることにします。

cameringo_20171217_102057
こちらはソラマメです。


今のところ順調そうです。
軽く化成肥料をあげておきます

cameringo_20171217_102106
本日は、摘心を行います。
この真ん中の伸びた主芽を摘心して、脇芽の発芽を促します。

cameringo_20171217_102113
こんな感じでハサミを入れます。

cameringo_20171217_102118
スッキリしました。

cameringo_20171217_102303
こういう小さい株は、後日もう少し周りに脇芽が出てからの方が良いと思いますが、面倒なので本日全部やっちゃいます。

cameringo_20171217_103220
ニンニクを見回ると、分球しているものがいくつかありました。
このままでは大きく育たないので、一方を引き抜きます。

cameringo_20171217_103309
すでにそれっぽい形になってます。

これは欠損したところに植えて置いておきます。

cameringo_20171217_120647
大根を持ち帰ろうとしたら・・・・傷がついて腐っていました。。。くそ


cameringo_20171217_120757
悔しくて4本も抜いちゃいました。

最近、無人直売を放置気味なので、大根を置いておくことにします。

で、ここまでで家に帰ると、次女が飛び出してきて「おもちたべにつれってて~~!」と。

この日は近くの小学校でお相撲さんが来て餅つき大会があります。

疲れたし、寒いしで俺と長女は行く気がしなかったのですが、次女に追い詰められました(^^;;

cameringo_20171217_125840
寒いのにご苦労様です。
毎年、彼らのおかげで楽しませてもらっています。

cameringo_20171217_125827
こっちはちゃんこ汁だそうです。

昔、元高見山の東関部屋に遊びに行ったことがありす。
そこで食べたたちゃんこは本当に美味しかったです。
小錦の妹さんなんかも遊びに来ていたのですが、彼女も相撲取りの様な体形でした(^^;;

しかし今回のちゃんこはそこで食べたものとは違い、けんちん汁みたいな味です。
具や部屋によっても味付けが大きく違うと聞いていましたが、だから毎日食べても飽きないんですね。

この後、お雑煮を2杯も頂いたのですが、夢中ゆえ写真は無いです。


で、腹もいっぱいになったので帰宅。

今度は独りで再び第三農園へ。

cameringo_20171217_155440
ビニールマルチトンネルの代わりに100均で買い占めた不織布トンネルをすることにしました。

既に中の白菜は撒き始めているのですが、もう少し大きくしたいところです。

cameringo_20171217_155446
一方、こちらの午前中に植えた玉ねぎもおそらくこのままじゃ、明日の朝の寒波でやられますので、不織布と寒冷紗を2重にかけて防備しておきました。

今年は寒すぎる・・・。

とりあえず、ノルマ終了で帰宅。

隣のお婆ちゃんが出てきて、白菜は売らないのかい?と聞いてきました。

なんでも先日、ウチに白菜を買いに来た人が居て、置いていなかったので、そのお婆ちゃんの庭の白菜を売ってくれと言ってきたそうです。
お婆ちゃんは、虫が居るとイロイロ言われるから嫌だと断ったそうです。

そうなんですよね~~

無農薬と言っていても、購入者は虫が居てもOK行っているわけじゃないんですよね。

作りては、無農薬なんだから虫ぐらい我慢してどけろという理屈になりますし、当人たちもそうやって食べています。

でもスーパーの野菜に慣れていおる人は、無農薬で虫が居ないものを安く求めています。

まるでカローラにレクサスの乗り心地を求められているようだとは思いますが、それが理解できるかどうかは、生産者からは判らないので、ちょっと分けて嫌な思いをするならやらん。と言うのはその通りです。

俺も以前に友達にキャベツや白菜を上げて、いちいち虫が入っていたという報告を受けて、もうやらんとなりました。

本人たちは良かれと思って報告しているのでしょうが、正直気分が悪いので、貰った方は言わない方が良いでしょう(^^;;

結球野菜は、中に入られると葉をむしるまで判らないので仕方が無いんです。
物理的に防備していても、中にヨトウムシが入ることは良くあります。
完全を求めると、虫が葉を食ったら死ぬ系の農薬を使うしかありません。

外見から判らないので、選別できず売り物は全てその系の農薬は使われています(もちろん安全基準範囲以内)

と、言うことで俺も結球野菜はリスキーだから出す気はありませんでしたが、わざわざここまで買いに来てくれるのもありがたい。
スーパーでは白菜1玉400円だそうです。

我が家の白菜はどう見ても食べきれない量がある・・・・。

半分にカットして売れば、中に虫が居ないことをある程度確認できるなぁ。

1/2カットなら100円で売っても市場価格の半額、無農薬ものだと1玉600円以上するので、買った人も損が無いよね。

と言うことで、とりあいず試してみることに。

cameringo_20171217_162050
第二農園へ白菜を取りに行くことに。

cameringo_20171217_162057
ついでに水菜。

cameringo_20171217_162308
聖護院蕪もそろそろいけるかも

cameringo_20171217_162352
とりあえず2株。

でも、関東では聖護院蕪は知っている人が少ないので千枚漬けを作る人も居ないんだよな~~
ここでマイナーな物ばかり作っている俺の弱さが・・・。

と、言うわけで今朝は久しぶりにかなり野菜が充実している。

お客さん。買うなら、今でしょう!(ふるっ)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと