cameringo_20180203_195253

2月3日の話です。

ご存知のように節分です。

近所のお婆ちゃんが、土いじりは節分を過ぎてからと良くいっていますので、土いじり以外の作業を中心にしています。


cameringo_20180203_090625

これが剪定の終わっていない最後のブドウです。
3本目のポットレッドワンです。

パーゴラに絡ませている2本は、お金を出して買ったものですが、まだよくわからなかった時期にテキトーに剪定し、枝がなんとなく勿体なくて室内で飼っているメダカの水槽に隠れ家として突っ込んでいたら発根していたので、それを植えたらあっという間に立派に育ってしまいました。

この木で3年生?4年生だと思います。
家の北側になりる日陰ですか、2年前からザクザク収穫があります。

cameringo_20180203_093304
まずは軽くトリミング。

cameringo_20180203_093339
スッキリしました。


cameringo_20180203_093314

でも、このように隣に行ってしまって回収不能な枝・・・
というか幹を何とかしなければ・・・・、再来年あたりフェンスが破壊されます。

cameringo_20180203_093824
致し方ないですが切ります。


cameringo_20180203_094216
こんな複雑なところも切ります。

cameringo_20180203_094546
残った巻きひげには病原菌が残っているらしいので、除去します。

cameringo_20180203_100334
巻きひげが無くなってり、フェンスの中をくぐる枝がなくなるとフラフラするのでタイバンドで固定してあげます。

cameringo_20180203_100328

黄色や青のカラフルなタイバンドもあります。
あるもので済ませたけど、白いものを買ってくればよかった・・・・(TT

cameringo_20180203_100723
最期は軽く荒川削りをして病害虫の被害リスクを低下させます。

cameringo_20180203_101202
ポットレッドワンのヌードです(^^;


反対隣側の生理です。

cameringo_20180203_102305
これはクワの木です。
やはり数年前に花ひろばでスィートマルベリーという品種名で売っていたものを買いました。
超豊産、大実、甘くておいしいというコピーでしたが、初めの2つ本当で、最期の一つはウソでした。

つまり超豊産性で大実でまずい・・・・・。

不味い実の大量生産をする木でした。

3つのうち一番ウソであってはならないところがウソでした。

味は子供の頃に飲まされた風邪薬シロップそのものです・・・・。

と、言うわけで風シロップ大量生産工場であるこの木は、収穫もされず隣の農家の農機具の上にボタボタ黒い実を落とすので、そろそろ叱られそうです。

いつか旨くなるかもしれないと思い待っていましたが、仏の顔も三度までで既に3年間不味い思いをしたので、切ることにします。

cameringo_20180203_103118
切りました。

根元は残っているので、春先に除草剤を注入して枯らします。

cameringo_20180203_103108
しかし枝がこんなに出てしまった・・・・

キウイ棚の下に放置なのですが、片付けないと面倒ですね。

粉砕機とかが欲しいです。

cameringo_20180203_103339
お次は、去年の秋に挿しておいたイチジクのバナーネをポットにあげます。
秋挿しでは根が張るのに充分な期間が取れませんでしたが、実験的な意味で台風で折れた枝を使い挿しておきました。

cameringo_20180203_103529

一番、根が出ているものでこんな感じです。

cameringo_20180203_104314
成長が悪いものでこんな感じ。

培土は赤玉土の小粒100%ですが、微塵になってしまうと空気の通りが悪くなり成長を阻害するように思えます。

赤玉は清潔なので、初期は良いですが発根したらそうそうに通常の培養土に上げるか、初めから最後まで保湿が過ぎれていて且つ空隙が作りやすい培養土を配合し、熱湯なんかで消毒したほうが良いかもしれません。

cameringo_20180203_104112
もちろん、まったくダメなやつもありました。
ダメなやつは地上部がカサカサするので掘るまでもなくわかりますが・・・(^^;

cameringo_20180203_103742
萌芽が多いので一番上のひとつを残して全部掻きとりました。
また、延ばす枝を出来るだけ真ん中に配置し覆土します。


cameringo_20180203_105130
次はフェイジョアをやってみます。

今までフェイジョアの挿木を成功させたことはありません。

今回もこのプランターいっぱいに挿しておいたのですが、枯れていないのはこの1本だけです。

cameringo_20180203_105207
が!!!!
根がありません!

cameringo_20180203_105213
驚愕すべきは1年近くたっても根が出ないまま葉を持ち続けたという、良いんだか悪いんだかのフェイジョアの緩慢な生命力です。

とは言っても、地上部に2次成長が無かったので、予想はしていました。

cameringo_20180203_105533
こちらは2次成長がみられるフェイジョアのトライアンフです。
秋に挿しておいたものです。

cameringo_20180203_105613
おおおお!!!
ちこっとだけど根が出ています。

フェイジョアの挿木で初めて発根までたどり着けました。

cameringo_20180203_105742
大事にポット上げしてあげます。

cameringo_20180203_105900
もう1本。さらにちこっと根ですが成功しました。
大事大事です。(^^v

cameringo_20180203_110101
残りはこんな感じでカスでした。

とりあえずトライアンフ2本確保しました。

この辺りでそろそろ昼です。

昼は数日前に仕込んだうどんを食べるということになりました。

最近我が家で人気のシーチキン大根おろしが良いの言うので、大根を掘りに第一農園へ。

cameringo_20180203_113940
と言っても、貯蔵用に埋めたものを掘り返すだけですが・・・・。

cameringo_20180203_113944
普通の大根。

cameringo_20180203_114046
俺専用の辛味大根。

cameringo_20180202_220915
うどんは昨晩に切って置いた白椿とあやひかりのブレンドを使います。
白椿 うどん粉 3kg ( 1kg×3袋 ) 中力粉 日清製粉 麺用粉 小麦粉 / 手打ち うどん用粉 手打ちうどん 3キロ
白椿 うどん粉 3kg ( 1kg×3袋 )

あやひかり 3kg ( 1kg×3袋 ) 麺用粉 中力粉 / 三重県産 小麦粉 / 手打ち うどん用粉 手打ちうどん 3キロ
あやひかり 3kg ( 1kg×3袋 )

cameringo_20180203_123648
というわけで、寒い中冷たいうどんをずるずるします。
あやひかり100%はもちもちして美味しかったけど、うるち小麦をと合わせることで、モチモチ感が抑えられ、シコシコ感が加わりました。
モチシコです。
もう少し配合のバランスを追求してもよさそうですが、かなり完成度が上がりました。

今までは丸亀製麺ぐらいのうどんでいいやと思ってましたが、既にそれをとっくに凌駕したという自負が出てきました。
おそらくこれなら近隣のうどん屋さんに勝るものという超絶な自信が出てきました。
今やりたい職業はうどん屋さんです(笑)

午後からは播種作業を行います。
cameringo_20180203_134657
お手軽にレタスを作っちゃいます。

cameringo_20180203_140010

無人直売で売れるかもしれないと思った変なキャベツ。
はやどりと言うところが選定ポイントです。


cameringo_20180203_143650
自家採種の九条ネギ。

cameringo_20180203_143718
育苗箱に播きますが、量はだいたいテキトーのこんなもの。



cameringo_20180203_143737
よくわからないけど撒いた後です。

cameringo_20180203_144117
そうそう。2年前のスティックセニョールのタネも見つけたので撒きました。
直売の常連さんから頼まれていたんですよ


因みに今は直売していません・・・・
だって思い付きで始めたから売るものが無いんだもん・・・
家で食べる分まで売ると本末転倒になるしね。
今のところはあくまで家庭菜園の余剰分販売です。

cameringo_20180203_144122
ネギは嫌光性種子なので、このように蓋してみました。
いつもは倉庫に入れておくんですが、今は倉庫内が散らかっているので・・・・。

cameringo_20180203_144128
因みに秋に蒔いた九条ネギはこんな感じ。
寒がもう少し緩んだら定植します。

cameringo_20180203_163408

夕方、白菜が底を尽きたというので第2陣のある第三応援へ白菜を取りに行きました。
ここは断根苗ですが、マルチ+トンネルで植付の遅れを取り戻した白菜です。


cameringo_20180203_163604
何とか結球はしましたが、巻きの緩いだらしのない白菜になってしましました。

それでも巷の白菜はもっと悲惨なものも多いので良しとします。

cameringo_20180203_170511
こっちは第二農園のキャベツです。

植付後すぐに芯を虫にやられてしましまたが、脇芽を1つだけ育ててキャベツにしてみました。

同様に脇芽を欠かずに全部育てた蕪もあるのですが、やはりソフトボール大の小さいキャベツ沢山と言うことになってしましました。

cameringo_20180203_170542
とりあえず、キャベツとったど~~~のポーズ(^^;

cameringo_20180203_171011
しかし第二農園へ来た本当の目的は、剪定枝を保存するために埋めに来たことです。
ポットレッドワン、ナイアガラ、バイトチェリーを埋めましたが、札をもってくるのを忘れたので、掘り起こす時に大変かもしれない・・・・。

この日は節分なので恵方巻をやります。
cameringo_20180203_192119
よくわかりませんが、うちわで仰ぎながら酢飯を作っている図です(^^;

酢飯は普段は穀物酢を使っているのですが、今回は先日紹介した自家製の柿酢を使いました。

原液はすっごい匂いだけど、混ぜてしまうとなぜかフルーティーな香りになります。

cameringo_20180203_195253
とりあえず初めの黙って食べる1本分です。

家族全員で南南東に向き、黙って食べて「わっはっはっは」と笑いました。

この風習は20年ほど前に京都出身の友達に聴いたものです。

当時は、「またまた、俺を担ごうとして~~」と思っていましたが、10年ほど前から関東でも節分の太巻きが「恵方巻」という言葉で浸透してきました。
この風習に賛否はあるようですが、俺は大好きな風習なのでやっていきたいと思います。

cameringo_20180203_193135

因みに2本目からは、自由です。
俺は山ワサビがだけのワサビ巻が好きなので、それをオーダー。
去年、食べ過ぎて胃が痛くなったので、今年は遠慮気味の1本です。

そのうち手巻きに代わりめいめい好きな具材で食べました。

長女は納豆が嫌いなのですが、なぜかこの日から納豆好きになって、納豆納豆と納豆ばかり食べ始めました。

味覚の変化かな~~


早く長男も魚好きになってほしい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと