今日はまた寒くなると聞いていたのに、今朝は意外に暖かくて世界は凍っていませんでした。

こうなってくるとやる気が出るねぇ~~と近所の家庭菜園師匠のお母さんと朝の談義からはじまりました。


BlogPaint

今朝の仕事はこれをやろう
この木は我が家で一番大きくて古株の柿です。

この土地を買う前からありました。

今我が家が立っている場所は、以前は建設会社の社宅があったそうです。

そこに住んでいた人が植えた柿の木らしいですが、俺がここに家を建てる時から既にでかく、不動産屋に柿の木を切るか?と聞かれた時に、「この柿の木は甘いのですか?」と逆に聞き返したところ、食べたら甘かったという返答だったので、残してもらうことにしました。

なので、品種なんかもぜんぜん判りません。

引っ越した年の秋に、大量の実がなりました。
本当に大量です。

近所の人も、こんな大量の実がなったことは無いというほどなりました。

今思えば、その年はヘタムシによる被害もなく、落果がなかったので、そのまま全部熟して小さい実が大量という結果でした。

なので俺は小さい実のできる甘柿だと思っていました。
食べきれないので、近所に配りまくり、それでも食べきれないのでソースなんかも作ったりしました。

翌年も楽しみにしていたのですが、翌年は収穫ゼロ。

この時、カキには裏表があることを知りました。

さらに翌年に期待したのですが、この年は4個。

あれれ?表じゃないの?と・・・・

その頃、家庭菜園を少しづつ始めていましたが、果樹のことはまったくわからず、近所の梅畑やリンゴ園で強剪定をしているのを見かけました。

なるほど!

剪定すればいいのね

と言うことで電動のチェーンソーを買って、太い枝を切りまくりました。
なぜそう思ったかというと、ウメやリンゴの強剪定を見ていたからです(^^;;

家庭菜園師匠のお母さんの旦那さん(お向かいさん)は、それを見ていて、ありゃりゃという顔をしていたのを覚えています(^^;;

その年の秋を期待していたのですが、実がなる枝が無い状態で、やはり収穫ゼロ。
代わりに切り口の下から大量の胴吹きがありました。

ああ、因みにこの時大きく切った切り口は何もせずに放置でした(-_-メ)

翌年、胴吹きした枝に実がつき始めました。

これでやっと柿が大量に食えると思っていたら、次から次と実が落ちていきました。

ヘタムシです。

それでも最後に4個残りました。
しかし残った4個は、初年に見た小さい柿ではなく、大きいものでした。

この時、この木の本来の実の姿を初めて確認したことになります。

そして俺はヘタムシについて調べました。

向かいのお父さんは、農薬のスミチオンを撒いておけば良いんだよというので、スミチオンを買ってきましたが、当時野菜などは全て無農薬で作れていたので、農薬を使う気になれずに、使わないままでした。

冬場の粗皮剥ぎをすればよいという情報を本だかネットだかで知り実行しましたが、翌年も実は着くもののヘタムシに落とされまくりで10個ほどしか収穫できませんでした。

翌年は粗皮削り+こも巻き。

さらにヘタムシについて調べまくり、彼らは実が落ちる前に次の実に移動していることを知りました。

それならば初めに色がついて落ちた実にはもう居ないことになります。

ならば落ちる前の色がついた時点での実をとってヘタムシを物理的に捕殺すれば、2個目の食害を防げることに気が付きました。
実際に実行してみると、かなりの実を残すことができました。

その時の記事が鉄腕ダッシュに使われたヘタムシの写真です。

でももっと食べ放題にしたくて、去年はBT剤を使ってみました。
ヘタムシは鱗翅目と言うことなので、きっとBT剤も効くだろうという目論みです。


ヘタムシの被害はほとんどなくなりました。

が、ここにきて以前強剪定したことにより鬼の様な胴ぶき枝が、台風のたびに葉が風を受けて実を傷めるし、風通しは悪いし、日も遮るようになってきました。

前置きが長いですが、そろそろ柿の剪定もしなければ・・・・いや、覚えなければ、という前振りです(^^;;

BlogPaint
とりあえず真上に伸びた枝は、下の枝に日も入らなくなるし、台風の被害がでかいし、実がなってもとるのが大変なので除去したいです。

cameringo_20180216_071639
まずは脚立に登り、あっちこっちから垂直に出ている若い枝を落としました・

cameringo_20180216_071707
これなんか太いですが、死んでいるようなのでチョップ一発で落ちました。


cameringo_20180216_071952
初期に今日剪定をした時に切り口に癒合剤などつけなかったため、細菌が入り込んで朽ちてしまっています。

cameringo_20180216_073047
あっちこっちでこんな感じです。

もっと元で切って癒合剤を塗って、下まで感染が広がるのを止める必要があるかもしれません。

cameringo_20180216_072001
とりあえず手鋸で目的の枝を落としました。

cameringo_20180216_074028

今回は数年前に学習しているので、癒合剤代わりに木工用ボンドを塗っておきます。


cameringo_20180216_072704
まだ生きていると思われる幹にキノコが生えていました。
既に干からびているけど食える奴かな?

cameringo_20180216_072709
さらに沢山発見

cameringo_20180216_072740
干しキノコ・・・・。



BlogPaint

アフターの写真ですが、少しはスッキリしたでしょうか?

BlogPaint
でもこの枝も落としたいんですよね~~

今日は時間も無くなったので断念しました。

cameringo_20180216_074210
こんなに沢山の太い枝が出来てしまった・・・・
邪魔だ・・・。

その後、5分程度時間があったので、育苗ハウス作業です。

cameringo_20180216_075522
暖かいので九条ネギと、お茶と、ムベの苗を外に出します。
これは今のところ毎晩取り込んでいます。

cameringo_20180216_074902
2か月ほど前にポット上げしたオチャですが、イマイチ調子悪いです。
やっぱ常緑樹は寒いときに弄らないほうがいいようです。

cameringo_20180216_075038
これは育苗ハウスの中にある2週間ほど前に仕込んだとんがりキャベツです。
上に凍結防止に通販などで何かを買った時に入っている緩衝材に使われる紙を被せてます。

cameringo_20180216_075043
とるとこんな感じです。

cameringo_20180216_075050
無事発芽しました。

cameringo_20180216_075538
梅の蕾がどんどん大きくなってきました。
もうすぐ春ですね

cameringo_20180216_075533
でも枝によっては師ボケているものもあります。
寒さの為でしょうか?
それとも大量のカイガラムシに憑かれたせいでしょうか・・・・


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと