昨日は頭痛に悩まされましたが、今朝は体中がバキバキ痛いです。

日曜日の作業の影響が今日出たようです。

後期高齢者と言う言葉があるのなら、普通の高齢者は中期高齢者で、俺みたいなので前期高齢者?

なんにせよ、冬場の運動不足で体がなまっているようです。

いや、たとえなまっていなくとも、よく考えたら俺は虚弱なのでどっちにしろ体中バキバキですね(^^;

で、今朝は天気、まぁまぁ。

来冬用一本ネギのタネを撒こうと外に出たのですが、水道が凍っているので撃沈。

困ったなぁ、播種できないや。

播種と言えば何か忘れているような・・・・・・。

そうだ!!

週末にやろうとしていた湿潤低温処理中のトマトとナス、唐辛子のタネの加温を始めないと!

いや~~忘れていました。

思い出せてよかった(^^


cameringo_20180227_072615
ナスとトマトのタネです。
冷蔵庫の中なので、当然発芽はしていません。


cameringo_20180227_072619
唐辛子群です。

キケンなので触れません。

そうそう。
このタネをセットした時、よせばいいのに面倒で素手で作業していたんですが、その後風呂でチンコや顔が激痛。

指などでは平気で判らないものですが、肌の弱いところや粘膜に間接的にでも触れるとカプサイシンに反応するので注意が必要です。
唐辛子の辛い部分はタネを保持しているワタの部分らしいです。

その超辛い成分が、実やタネに移っていて辛み成分となっていますので、着目点を変えれば、非常に移りやすい物質と言えるでしょう。
場合によっては失明とかもあるらしいので、唐辛子のタネを扱う時はくれぐれもお気を付けください。


cameringo_20180227_072707
で、例倉庫から、イチジクと同じ加温衣装ケースへ移動です。

衣装ケースの下はホットカーペットで加温しています。

発根の気配が見えたら、セルトレイに移植します。

と、言うことでほぼ何もしていない朝の作業終了です(^^;;;;;


グレていた長女ですが、一昨日の残った蕎麦を茹でていたら、相当食べたかったらしく謝ってきました。

学校では給食を食べているはずなのに、ものすごい勢いでがっついて食べていました。

飽食の時代に、「働かざる者食うべからず」や「食べ物を粗末にするな」ということは、意図しないと教えることができないのではないか?と思っています。

俺らが子供のころは、大人が普通に使っていたこれらの言葉も聴かなくなったし、俺も当時の大人ほど使っていません。
ましてや大人が率先して食べ物を粗末にしていたりします。

今の時代に飢えることは無いかもしれません。

なので意図的に飢えを体験させるしか無いな。と思ってます。

こういうのも俺的には食育と思っています。

正しいか間違っているかは、彼らどういう成長をするかで答えが出るんだと思います。

まぁーー、親としては今、俺が正しいと思っていることをやるしか無いんですけどね(^^;

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと