土曜日。
早朝の部。

先ずは一人で第三農園へ。

cameringo_20180526_064327

先日、試し掘りしてかなりいい感じのニンニクを全部収穫します。

今年は気候が不安定なせいか、全ての株が出穂したわけではなく、1/3ぐらいだけしか出水しないまま流転が始まりました。
cameringo_20180526_070654
これ以上待っていても爆裂球になるだけなので、この日で手じまいです。

cameringo_20180526_071132
というわけで30分ぐらいかけて全部引っこぬきました

cameringo_20180526_070922

2玉程度春ぐされ病で腐って悪臭を放っていました。


cameringo_20180526_072418
もって行ったコンテナでは入り切らないので、とりあえず3つ分持ち帰りました。


cameringo_20180526_072619
次にこれを植えちゃいます。

これはマノアレタスを買いに行って、売っていなかったので、なんとなく形が似ている半結球レタスのチャオチャオです。
チャーハン専用というキャッチコピーです(^^;;

cameringo_20180526_102720

先日植えたサニーレタスやキャベツの欠損のところへ植えます。

cameringo_20180526_100702
因みに欠損株の周りにはこういう輩がいるので退治してから植え付けます。

cameringo_20180526_103349
隣のオクラが発芽していました。


cameringo_20180526_074936
ちょいと早いですが、ズッキーニ第二弾も植えちゃいます。
なにしろ植えられるときに植えておかないと、今後週末に天候が悪い日は出てくると思われるので。

cameringo_20180526_074944
思った通り、まだ根ができきっていません。
なので丁寧に扱います。

cameringo_20180526_074950
無事活着してくれることを祈ります。
例のごとく、ウリハムシ除けに寒冷紗をかけておきました。

そして隣のズッキーニ品種のフィレンツェを初収穫!!!

と思いきや、スマホの電池が無くなりました・・・・

この後、かなりイロイロ作業をしましたが写真がありません。

と言っても、このところ続いているソラマメとキャベツとレタスの収穫なので、目新しいものは・・・・

おっとそうだ!

世界一旨いと言われているマノアレタスも収穫しました。
それとタケノコキャベツも。

6606
フィレンツェは、奥さんが写真をとって置いてくれました。(^^

さて、これ以上の写真が無いまま早朝の部が終了し、朝飯を食って長男を連れだし午前の部へ出陣です。


cameringo_20180526_100459
第三農園に2本目のミニトマト畝を作ります。

cameringo_20180526_073521
長男に畝を作ってもらう間に俺はこの日2回目のソラマメの収穫。

もう葉が黄色くなってきたので、この週末でおしまいです。

cameringo_20180526_110045
とりあえず収穫バッグ一杯になったので終了。

cameringo_20180526_115056
長男が畝が出来たというので、マルチを張ります。

これも長男に任せたたいのですが、ちょっと無理そうです。

cameringo_20180526_115617
とりあえず位置決め。

予備1ポットを除いて植えられそうです。


cameringo_20180526_123929

完成。

cameringo_20180526_110517
次は、アスパラのメンテです。

長男に草むしりを頼んでいる間に、ソラマメの支え紐をとって転用します。

cameringo_20180526_123918
できました。

アスパラで怖いのは茎枯病なので、対策として風通しを良くすることと、穂が地面につかないようにすることが(たぶん)大事です。

cameringo_20180526_123537
寒冷紗の上から見るキャベツがなんか穴だらけ・・・・

cameringo_20180526_123541
ぬぉぉぉぉぉお!!!

かなり虫に食われています。
密植させすぎた上にトンネルではなくべた掛けというのが敗因ぽいです。
春作は面倒でもトンネルにしないとダメですね。反省orz

で、午前の部終了。

いつもなら午後の部は独りで作業するのだが、長男が翌日は部活で家庭菜園部を休みたいというので、午後の部も出席してもらうことに。

cameringo_20180526_154609
だってさ、こんなに広い第七農園に着手しちゃうんだもん。
俺独りでは無理無理。

長男が耕運して言うところが第七農園の一番はじっこです。

俺の立ち位置の後ろに10メートルぐらいまだ農園があったいりsます(^^;;


cameringo_20180526_155544

長男に耕運機を任せているうちに、隣の第八農園のかぼちぇチェック。
カボチャは6節目で摘心しなければならないので、この時期だけチェックはマメです(^^;;

cameringo_20180526_155602
ロンリーズッキーニもどこからか花粉を貰ったらしく、実をつけていました(^^;;

cameringo_20180526_171932

カボチャと、里芋に追肥に鶏糞を撒いておきました。

cameringo_20180526_165347
長男は耕運機2号で予定エリアを耕し終え、耕運機2号に培土器をつけて溝を掘っていきます。

cameringo_20180526_170632
溝に藁を敷き詰め糠を播きます。

cameringo_20180526_170701


このブログの読者ならば、もうこの畝に何を植えるか判ったかと思います(毎年同じなので・・・)

これは藁を急速分解させて、窒素飢餓を起こさせるための措置です。

窒素があると困る野菜って、枝豆とサツマイモ。

そうです。
ここにはサツマイモを植えます。

サツマイモは有名なマメ科の根粒菌とは違った方法で、窒素を自前で調達します。

内組織で窒素を生成するので、土は肥えませんが窒素肥料をあげると効き過ぎてつるボケします。

なので、一時的に土中の微生物に藁の分解で窒素を消費してもらい窒素飢餓をおこさせてあげます。

この後畝たて器で高畝を作りマルチを張る予定でしたが。。。。

暗くなってきたので、終了。

翌日は俺独りなので、この100メートルもある畝をたった一人でやるしかありません(TT


cameringo_20180526_180013
因みに第八農園の隅の杉林のところに植えたゴーヤは悲惨なことになっていました・・・いいけどね(^^;;

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと