504

昨日は更新をサボっちゃいました。

その理由は本文で!


昨日の話です。


cameringo_20181107_064024
早くやりたいキヌサヤの播種。
先ほどまで降っていた雨も、この後は降らないらしいので、播種を決行する事にしました。


cameringo_20181107_064020
今回使うのはこのタネ。
特に拘りは無く、なんとなく目についたものを買った次第です(^^;

cameringo_20181107_064229
植穴を軽トラの荷台に(俺が)投げ捨てていたペットボトルのキャップで空けます。
見た目が深さ2センチぐらいだから丁度いいのかな?という判断です。

cameringo_20181107_065154
タネの量と畝の長さを計算していたわけではないので、念のため植穴一つ飛ばしで2粒づつタネを入れていきます。

タネに余裕があれば、飛ばした植穴に入れるつもりす。

cameringo_20181107_065149
が・・・・全く足りず。。。もう一袋あっても良かったかも・・・。

cameringo_20181107_065627
鎮圧して完了。



cameringo_20181107_065618
あっちこっちの隙間に今からでも間に合うかもしれないこいつらを撒きます。
だいたいこういうテキトーに手を付ける作物はうまくできません(><

この日はやんどころ無き事情であまり時間が無いのですが、どうしてもヨトウムシの視線を感じたのでアブラナ科野菜をチェックしに行きます。

cameringo_20181107_071137
ほらいた!

cameringo_20181107_070827
特に新しい虫糞があるところをチェックすると必ずいます。

cameringo_20181107_071319
何だか判らないもんもいます

cameringo_20181107_070814
おっと、オオカマキリの卵が産みつけられていました。
でもこの卵が孵化する前にきっとこの株は処分されちゃうんだよな~

cameringo_20181107_071846
この日のメイン作業は実は第五農園でキクイモを掘ることです。

この後用事があるのですが、オーダーが入っているので掘るしかありません。

cameringo_20181107_074200
ここはただでさえ土が重いうえに、雨でぬたっているので、結構しんどいさぎょうでした。
1メートル四方を掘りました。

cameringo_20181107_074205
10キロ弱掘れたと思います。
前回と違い日の当たる場所を掘ったので、大きい芋が多かったです。

本当は洗った写真を出したかったのですが、時間的に余裕がないので諦めました。

cameringo_20181107_094647

実はユーザー車検に行ってまいりました。

前回の軽トラでは敗北でしたが、自家用車は先日パンクしたばかりでタイヤも取り替え済み、奥さんの事故帰りなので、ディーラーにざっくり見てもらった後なので、何もしなくても今度こそ大丈夫だろうと、本当に何もしないでもって行きました。

cameringo_20181107_095930

電灯類のチェックもしていません。
タイヤの空気圧も見ていません。
それどころかガソリンのエンプティーマークさえ出ています(><

cameringo_20181107_094653
軽トラとは違う施設での車検になります。

なので、一から受付で聴きまくっての作業です。

BlogPaint


検査レーンです。

この後は、自力で検査のための操作をしなければならないので、余裕なく写真が取れません。

ですが、事実上の2回目なので、かっては違いますが、変な緊張もすることなくあっさりスルー。

無事、車検通りました。

かかった費用は、重量税、自賠責保険、検査手数料と絶対に必要な金額だけなので5万円ちょいぐらいでした。

前回の車検では14万円以上かかっているので、8,9万円ぐらい節約できた感じになります。

とはえい、その分チェックや整備も甘いので自力で行う必要がありますけどね(^^;

それでも初のユーザー車検突破、勉強と自信になりました。

で、ここで会社に行って必要な仕事だけして、2時には家に帰ることにしました。
なのでブログ更新しなかったのです(^^;

cameringo_20181107_143213
本当は嫌いな機械いじりのやる気が出てきたので、耕運機2号の修理をしたいと思います。

cameringo_20181107_143153
実はデフロックのワイヤーが切れてしまいました。

ここでおさらいですが、デフロックとは右の車輪と左の車輪を連結して一緒に回転させる機構を言います。
これで左右の車輪がリンクして回るので、真直ぐに進むことができるのですが、旋回しようとすると左右の回転スピードが同じためうまく行きません。

なので、一時的にこの左右の連結を切り離して、別々の回転スピードで運転できるようにします。
これをデフロック解除といいます。
自動車などでも四駆に乗っている人はなじみがあると思います。

で、それをコントロールするワイヤーが錆びて切れてしまいました。

元々、ずっと納屋にあたものを貰ってきて、動かなかったものを修理して使っています。
ワイヤー類なんてすぐ逝っちゃうよね(><

cameringo_20181107_143210
と言うわけで、俺が愛するホームセンターのジョイフル本田で取り換えパーツを注文しておきました。


cameringo_20181107_143611
まさか留め具が割りピンだったとは。
これは買ってきていないので、再利用できるように丁寧に外さないと・・・。

cameringo_20181107_143844
ああ、やはり不器用な俺はこういうものをやるもんじゃない。
指をひっかけてしまいました。
痛い・・・(TT

cameringo_20181107_145807
無事、リプレイス終了。
ふ~疲れた。
出来ないふりして友達先輩を呼べばよかった。

まだ日があるので、ちょっとだけ農作業をすることにしました。

cameringo_20181107_154203
ビエドブーフに亀裂が入りました。
完熟サインです。

cameringo_20181107_154218
イチジクは小さい品種が多いのですが、これは桝井ドーフィンほどじゃないにしろ大型です。

cameringo_20181107_154248
もう一つ収穫できそうです。

cameringo_20181107_154328
こちらは蓬莱柿。
日本にあるもっとも古いイチジク品種です。
子供の頃食べていたイチジクはこれでした。
我が家では初生りです。

cameringo_20181107_154342
蓬莱柿は目が裂けるのも特徴です。
これが嫌われる原因でもあります。

cameringo_20181107_154354
ブラックイスキア。イスキアブラックとも言います。

cameringo_20181107_154435
我が家では人気が無いロンドボルドーです。

cameringo_20181107_154458
ブラウンターキー。

cameringo_20181107_154743
久留米ばさろ。
「ばさろ」は沢山という意味らしいですが、我が家では貧産です(^^;


cameringo_20181107_154530
それにしてもだいぶ下の方の葉が黄葉してきました。

cameringo_20181107_154540
上の方で追われるように実も色づいていますが、間に合いますか。
これが久留米くろあまです。

cameringo_20181107_160328
帰りに無人販売用のインゲンも収穫。

cameringo_20181107_161142
家に戻ると車のチャイルドシートで次女が泣いていました。
話を聞くと、今日は母親が歩いて保育園に迎えに来てくれる約束だったのに、自動車で来たからだというのです。
つまり歩いて帰りたかたっと・・・。
それは俺が車検に車を持っていき、そのまま会社に行くので、歩いて迎えに行ってくれと言ったくせにはやく帰ってきたからにほかなりません(^^;;;;

良かれと持ったことが裏目に出ました。

仕方がないので、次女を連れて村内散歩に出かけました。
軽トラを買う前は、畑間の移動は徒歩だったので毎日ゆっくりした景色を見ていましたが、最近は時間に追われて軽トラ移動ばかりです。

久々の散歩は新鮮そのものでした。


30分ぐらい散歩をして帰ってくると奥さんと長男が捜索していました・・・

そういえば、何も言わないで来ちゃったよ・・・・(><

家人が全員家に入ったところで、俺はまだ外で遊んでいます。

cameringo_20181107_162931
ネルゴラルゴが熟していました。

cameringo_20181107_164244
こちらはチョードリー。

なんかイチジクの種類が凄くとれたな。

cameringo_20181107_171012
と言うわけで大試食会です(^^v

cameringo_20181107_171340

cameringo_20181107_171429
糖度は19.1とやや普通より高い程度ですが、なんといっても懐かしい味。
俺が好きだったイチジクの味はこれです。

子供の頃、イチジクのある友達の家に泊まりに行き、風呂上りに食べる蓬莱柿最高でした。



cameringo_20181107_171620

cameringo_20181107_171716
糖度はやや高めの23.4度。
完熟果なので期待度は高かったのですが、甘味は控えめ。
しかしながらたぶん誰にでも食べやすそうな味です。
ライバルは桝井ドーフィンだと思うけど、味と耐寒性ならこちらの方が上かな。


cameringo_20181107_171849

cameringo_20181107_171936
萎びた果だったので高糖度を期待してたんだけど、ビエドブーフと同程度。
ばさっても居ないので今のところ良いと来ないかな。


cameringo_20181107_172051

cameringo_20181107_172146

俺品種のチョードリー。
たぶん今のところ日本で味わったことがある人が我が家の一員だけ。
糖度も及第点。
酸味がちゃんとあるので、高級フルーツです。

cameringo_20181107_172322

cameringo_20181107_172411
ブラックイスキア。
我が家で人気のホワイトイスキアと対をなす品種名。
もっともイスキア島原産の黒いイチジク的な扱いなので、白イチジクのホワイトイスキアとは遺伝的にそんなに近くないと思われます。

しかし小粒種は高糖度が出やすいというか、安定して旨いです。
が食べるの面倒・・・。

cameringo_20181107_172605

cameringo_20181107_172701
現在、俺がイチオシのネルゴラルゴ。
糖度以上に安定して旨い。
これはやはり別格扱いだな。

cameringo_20181107_172845


cameringo_20181107_172937
我が家では青臭くて人気が無かったロンドボルドー。
やや萎びた果を使うと超高糖度の28.6度。

味も青臭さは全然なくておいしい。

この品種は萎びた果を使わないとダメなやつだ!
良い発見でした。

cameringo_20181107_173130

cameringo_20181107_173225

長女と奥さんに人気のホワイトイスキア。
安定した旨さです。
甘すぎず、酸っぱすぎず。
収穫日が一日ではなく数日と言うか、熟期に関わらず美味しい品種です。
これはネルゴラルゴも一緒のです。

cameringo_20181107_173350

cameringo_20181107_173428
今日の劣等生はブラウンターキーでした。
もっともあまり特徴の無い品種ですが、多産だと思います。

cameringo_20181107_173527

cameringo_20181107_173605
この時期のバナーネは本領発揮です。
バナーネは完熟果でも3タイプあります。

夏果→デカいが酸味がある
秋果前半→激アマ。1個以上食えない。
秋果後半→甘みと酸味のバランスが取れてくる。完熟して実もしっかりして目も開きづらくなる。

という事で今が一番おいしいフェイズ。

イチジク嫌いの奥さんがお代わりして食べていました。


と言うわけで、イチジク試食会終了。

この後、キクイモ試食会、レインボーレッド試食会と続きました。

cameringo_20181107_185027

cameringo_20181107_195319

cameringo_20181107_204518


最後に非常に大事な発表があります。
我が家の長女が最近誕生日プレゼントでオフクロからタブレットを買ってもらいました。

それでイラストを描き始めたので、このブログに載せて欲しいというので、じゃあイチジクの擬人化萌えキャラでも書けばという事で、さらさらっと書いてきました。

504

第一弾はバナーネだそうです。
初めてにしては上出来だと思います(親バカですね)

と、言うわけで時々(出来上がり次第)アップして親バカっぷりを笑ってもらおうと思います。
皆さん、画伯にお付き合いのほどよろしくお願いします m(__)m


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと