日曜日。


cameringo_20181111_091943
この日は、日本最大河川の利根川に居ました。坂東太郎と言われる大河です。

でも関東平野の真っただ中を走っているので、河といってもゆったりとした流れの河です。
見た目は湖沼のようですね。

ここに何しに来たかと言うと、ウチから2時間近くかけてハゼ釣りに来ました。

友達先輩の昔の仲間が、ツーリング&釣りでここでハゼ釣りをするというので、俺も仲間に入れてもらったわけです。

利根川は大河川なので、大きな魚がいる。しかも大量に居る。
馬鹿みたいに釣れて、その場でハゼを天ぷらにするから食料も要らないぐらいに思って参加しました。

でも一応途中でカップラーメン一つだけ買ってきています。

友達先輩の仲間は、柏からバイクで来てここで合流する予定でした。

俺と友達先輩は朝6時に軽トラで千葉を出ました。
cameringo_20181111_091947

彼等は8時に柏集合で出るらしいでの、8時半に現場に着いたおれたち二人はお先にハゼをバンバン釣るつもりです。

いや・・・・・釣りたかった・・・・釣れたら良かった。


cameringo_20181111_094302
昼頃にまでに合流する釣れたのはこの小さなニゴイ1匹のみ。(リリース)

ハゼなんかまったく見えない。

近所のお父さんらしき人が声をかけてきました。

「ハゼつりか?」

「はい。でもぜんぜんダメです」

「はぁ~、やっぱりダメか?俺もよく来るんだけども、今年は全然だめだぁ~~。一日やってこまいのが1匹だけなんてザラだよ」

え゛!!

まじ?デカいのがバンバン釣れるんじゃないの?

友達先輩はそう言っていたよ。

この時点では釣れないのは時合いのせいにしていたけど、地元の人が釣れないってどういうこと?

友達先輩にデカいのがバンバン釣れるって情報はいつのなの?と聞く。

2016年・・・・・・

あてにならんじゃんか!!!!

なんかやる気がなくなってきた・・・(TT

釣れない。
釣れない。
釣れない。

二人ともピクリともアタリが無い。

いや、俺たちだけじゃなくて視界に入る人全てが釣れていない。

ああ、場所を替えたい。

でも友達先輩の仲間がこれから合流するし・・・・。

今日はダメかぁ

12時ごろ友達先輩の仲間8人ぐらいがバイクでやってきた。

俺も今は乗っていないけど、元バイク乗り。というかバイク馬鹿。

今の野菜作り以上、ピーク時の釣りキチ以上に20代の10年間はバイク馬鹿。

通勤にもバイク。
休みの日はツーリングかサーキット。
オンロードもオフロードの草レースにも参加。
海外にまでレース観戦にも行くし、仕事帰りはバイク屋で入りびたり。
友達はメーカーのメカニックばかりになってくるし、車はバイク運搬用に自家用トランポまで。
歴代の所持バイクも20台前後で、同時に5台程度所持した居た時もあった。
正直、収入の9割以上をバイク関係に使っていたバイク馬鹿でした(^^;;

なので、友達先輩の友達とも相性が良い。

直感的に話しやすいと感じる。

で、その場の釣り座の一大勢力になったとみると、地元のボスがやってきた。


cameringo_20181111_115008

白鳥だ。

なんかこっちに訴えている。

友達先輩の友達がスナック菓子をあげる。
cameringo_20181111_115122
喜んで食べ始める。

それを見ていた近場の釣り座のベトナム人も集まって、大いに遊ぶ。

ベトナム人は、日本人の俺たちがこの白鳥を食べるのか?と言うことが気になるらしい。
何度も聞いていた(^^;

彼等は食べるらしい。

これも捕まえて食べるの?
と聴いたら、大きいので辞めておくと言っていました(^^;


cameringo_20181111_115337
そこにつがいのメスも登場。

釣りにならねーな。

と思っていると、向こうで友達先輩の友達の一人がハゼを釣り上げた。

到着して数投目だ。

俺たちは2時間以上先行しているのに釣れない・・・。

ちょっと闘志が出てきた真面目に釣ることに。

と、そこで1本ハゼが釣れる。

どうもかなり沖目にいるようだ。

俺の竿は船用のキス竿なので遠投が出来ない。
投げ竿を持ってくればよかった(><

それにしてもこのペースだと、どちらにしても中途半端。
ハゼなんか最低一人10匹ぐらい無いと食べごたえが無いというか、油を使うので効率が悪い。

と、その時白鳥が俺の投入しているしかけに突っ込みそうな軌道を泳ぎ始めた。
竿先が震える。

しまった、白鳥の足にラインが絡まったか?
大変だ!

急いでリールを巻きあげると手ごたえが。

白鳥はすいすいと何事もなく離れている。
って事は魚?

良い引きだ。
ハゼじゃ無いな。

cameringo_20181111_123048
で、上がったのがセイゴ(スズキの幼魚)
因みに背中に星があるこいつはタイリクスズキ。特定外来種ですので、逃がしちゃいけません。
食べます(^^

このサイズのセイゴなら塩焼きでもうまいや

このサイズは群れで動いているので、あっちこっちで上がり始める。

cameringo_20181111_150120

で、誰かが焼き始めてご馳走になりました(^^
うまいねぇ~

で、その後釣れることはほとんどなく。

俺の釣果、ちっちゃいハゼ×1、セイゴ×1、ニゴイ(リーリース)。
友達先輩、セイゴ×1

俺と友達先輩の合作、友達先輩が投げて、俺が釣りあげたセイゴ×1

と、なんともお粗末な釣果に・・・。

午後三時、この時期はこんな時間にもう日が傾いている。
バイク組は撤収帰宅。

俺たちは別れを告げた後、撤収して、帰りに近くの細流でウナギでも狙おうと。
エサはハゼがあるはずだったけど、無いので残ったアオイソメを使うことにする。

しかち土地勘のないところなので、適当に流していると田んぼの中に縦横無尽に走っているクリークを発見。

田んぼの用水路として使うのだけど、水は利根川から引いているので、結構魚が入り込んでいる割には誰も釣りをしないので、こういうところなねらい目です。

ただし、水深が無いのでこの時期水が冷えるのも早い。

日が暮れたらもう終わりだなぐらいの気持ちで始めると・・・・

20センチオーバーのマハゼが入れ食い。

まさかこんなところに居たとは!

今日、利根川本流で5時間で小さいの1匹しか釣れなかったマハゼですが
、30分で20匹ばかり釣れました。

cameringo_20181111_173736

サイズも良型なので、充分食べ応えあります。

はじめからここでやっていれば、一人200行けたかも(^^;;
覚えておいて来年は是非ここスタートでやってみようと思いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと