cameringo_20181113_073730

昨晩も雨が降ったようです。
本当に梅雨の様な季節というか、秋雨がずっと続いているような感じです。

水不足にはならないけど、土壌が濡れっぱなしと言うのも、日照不足と言うのも気になります。



cameringo_20181113_065848
で、今朝は昨日の玉ねぎ定植の続きをしようと思ったのですが、穴あけ器を忘れました。

どうしようかな。
取りに帰るかな。
と、18秒悩みましたが、取るに帰るのが面倒なので別の作業をすることにしました。

第七農園でしなければいけない作業は、サツマイモの収穫。黒落花生の豆もじり。春キャベツの定植、白菜とキャベツの追肥土寄せです。
春キャベツは苗を持って来ていないし、黒落花生は雨降った後だからやりたくないし、サツマイモは時間がかかりそうだし。。。。

cameringo_20181113_070005
白菜とキャベツの追肥土寄せは、玉ねぎが早く終わったらやろうと思っていたので、肥料とシャベルを持って来ているので、この作業をすることにしました。

普通株は2,3週間前にやっているので、今回は間引き挿木株です。

やはり2週ぐらい成長が遅くなるので、全ての作業が2週間後にやるという輪唱・・・アルゴリズム体操?のような状態になります。

cameringo_20181113_070324
高度化成をぱらっと播いて土を崩していきます。

cameringo_20181113_070327
待伏せ肥としておいてある鶏糞も一緒に崩します。

cameringo_20181113_071951
鶏糞が発酵して菌糸が回っています。

この畑は今年からの開墾なので、土が団粒化していません。
しかも畝づくりの時に堆肥、もみ殻が間に合っていないので土壌の物理性状は悪く、表土が雨で固められてしまいます。

cameringo_20181113_074735

微塵が隙間に入ることで、空気や水の流れが遮断されてしまいます。
結果的に根に肥料や酸素が行きづらい状況となっています。

cameringo_20181113_072240
なので、土寄せと言うより表面を崩して空気や水分が行きやすくしてあげます。


cameringo_20181113_073238
白菜はともかく、キャベツは軸が見てていたら見えなくなるまで土寄せするのが良いでしょう。

もっとも今回の分は挿木で作った株なので、軸はほとんど見えません。

普通栽培だと、徒長した分だけ軸が長くなるので、この作業がけっこう有効です。


cameringo_20181113_073730

で、こちらが先行している普通栽培の方です。

結球が始まっているので、あと1カ月ばかり穏やかな気候が続くと収穫できるのではないか?と期待しています。

cameringo_20181113_074044
播種遅れのサニーレタスですが、成長が緩慢すぎます。
たぶん根が広がっていないのだと思います。

これも畑の物理性状が良くないからだと思いますので、周りの土を崩しておきました。

cameringo_20181113_074345

こちらも同様に遅れているマノアレタス。
遅れている上にアブラムシまで・・・(TT


cameringo_20181113_075740
こちらの白菜は間に合わないかもしれないので、不織布トンネルにします。

サイズの大きすぎるトンネル支柱は斜めに挿すことで調整します。


cameringo_20181113_080717

ダイソーの5メートル不織布を被せます。

どうせトンネルをするなら初めからすればいいのに!と思いますが、トンネルをするとメンテをするのが面倒になってしなさそうなので・・・・(という言い訳)


3枚道具箱に入っていたのですが、2枚やったところで風が強くなってきたので辞めました。

昨日の雨といい、俺の作業を邪魔ばかりする森羅です。

cameringo_20181113_081145
撤収する前に見回ると、元蕎麦畑に大量の蕎麦スプラウト(^^;

そうだ!これはもったいないので摘んで行って味噌汁かサラダにしてもらおう。

cameringo_20181113_081752
不織布が入っていた袋いっぱいに詰めました。

評判が良ければしばらく取り放題です。

帰りに第三農園へ寄ることにしました。
特にやることは無いのですが、白菜の状態を見たいので。

cameringo_20181113_082114
これは60日白菜かな?
もう硬くなっていたので、いつ収穫してもOKみたい。
それにしても虫食いがヒドイ・・・。

来年は今までノーマークだったダイコンハムシ対策も考えなければなりません。

cameringo_20181113_082301
芽キャベツも膨らんできました。
年内取りができそうです。

cameringo_20181113_081906
野良ジャガが軽く霜にあたったようです。
もっとも疫病にも見えますが・・・

秋ジャガは生理現象で終わるというより、途中で霜が降りて終わるという感じなので、常に未熟株です。

逆に言えば、霜にさえあてさせなければ、春作と同じようにライフサイクルを終え、葉の栄養を芋に流転して全ての生産デンプンを収穫できるということも言えるのかもしれません。
ならば寒冷紗べた掛けぐらいしたほうが良かったかもしれませんね。

cameringo_20181113_082647
第七農園で使った肥料の余りをニンニクにもおすそ分けしておきました。
今のところ絶好調ですが、ジャンボニンニクは発芽しないので掘り返したら腐っていました。

ニンニクと同じように温水処理とアルカリ処理をしましたが、どちらか、または両方、ジャンボニンニクにはダメージが大きかったのでしょう。
今彼でも間に合うかもしれませんが、リベンジは来年にとって置きます(^^;;

cameringo_20181113_082729
播種した後、雨ばかりで心配だったキヌサヤも発芽フェーズに入った模様。

cameringo_20181113_082732
キヌサヤの横に植えたものですが、なんだっけ?
小松菜だっけ?

あ、思い出した二十日大根だ!

と、いう事で今朝の作業は終わり。

今朝は、ハンサムジーちゃんの奥さんに会いました。

「あっちこっちの畑の移動大変ねぇ。さっきは向こうの畑に居たでしょう?」

と。

どこで見られているか判らないので、悪い事はしないようにしよう(^^;

cameringo_20181113_084801
ボルティード・ブランカ。

cameringo_20181113_084853
ブラックマデイラ

どちらも今年挿したものですが、実がついていたので薄っすら期待していたのですが、どうやら熟は間に合わなそうです。
味見は来年にお預けです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと