DSC_0240
今日はここにハッピーヒルを撒きます。

ハッピーヒルは昨日のネリカ米と同じ陸稲向けの稲です。
もっともネリカ米にしろハッピーヒルにしろ、水稲として作った方が収量はあがります。
植物的には陸稲と水稲の違いはありません。
田んぼで育てるか、畑で育てるかで言い方が違うだけです。

陸稲向け品種と言うのは、稲の中でも根が深く張りその分乾燥に強いので、畑でもなんとかなるよ。という品種です。

で、このハッピーヒルと言うのは数種類あり、その中でもうるち米ともち米があります。
俺のものがどれに該当するか判りませんが、モチとウルチどちらもありますのでどちらも撒きます。

非常に多収なのが特徴なのですが、見た目からして明らかに違います。
穂が粟のような形なんです。
なんでも実がつき過ぎてそうなるらしいです。
確かに去年作ったものは変な形でした。

と言うわけで、今回は栽培エリア全層撒きで苦土石灰と米糠と鶏糞を入れます。

鶏糞は30キロ入れたいのですが、この農園に置いてあるのは15キロ。
仕方がないので第七ん農園へ、猫車を押してとりにいきます。


DSC_0241
ソバの残渣を置いていたところからそばの芽が出ていました。
蕎麦スプラウトです。これはこれで旨いので明日にでも取りに来ようかな。

DSC_0242
そして今日も小麦チェック。
どうしてそんなに小麦をチェックするかって?

赤かび病を抑えるために開花時に石灰硫黄合剤を散布したいからです。


DSC_0243
鶏糞も追加できました。

この後トラクターで耕すので、トラクターを取りに行かなくてはいけません。


DSC_0244
その前に第三農園によってアスパラ狩り。


DSC_0245
とぐろを巻いているアスパラがありました(^^;;


DSC_0246
カザフダイコンが込み合ってきたので、間引きをします。


DSC_0248
スッキリしました。
間引き菜は持ち帰り味噌汁の具にします。

DSC_0247
なので隣の辛子大根は今日は間引きしません。
そんなにいっぺんに食べられないので。。。(^^

DSC_0249
と言うわで、色々すっ飛ばして耕運完了。

ロータリーを深くしたので、草の残渣は地中深くに入りました。

DSC_0250
せっかくトラクターを持ち出したので、今回の対象エリア以外も耕運しておきます。

DSC_0252
しかしここでお昼の時報がなったのでおしまい。

午後からはいよいよ播種作業です。

DSC_0255
紐をはって撒き溝の位置を決めます。

DSC_0258
実は昨日の後半から始めた方法ですが、予め撒き溝を作らないので、播種しながら溝を掘っていきます。
こちらの方が溝は真っすぐできるし、安定して作業も早いです。

DSC_0256
種籾はコレ。
まだいい感じです。

DSC_0259
濡れている割には手に着きません。
これなら播種機も使えるかも。(持ってないけど)

DSC_0257
昨日と同じように目標およそ2センチ間隔のつもりで、実際は超テキトーな播種です。

DSC_0260
夕方五時。
あきた。
もうあきた。

あと2畝だけど、今日はやめた!

あした続きする。

DSC_0261
少しソラマメの草むしりでもして帰ろう。

DSC_0262
おや?
これはモザイク病か?

かなりアブラムシが出ているからなぁ。


とりあえずこれは抜いてポイして帰りました(^^



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと