しんどい毎日を送っていました。

DSC_0117
これは嵐が過ぎた29日のナスです。
ぶっ倒れています(><

DSC_0119
せっかく収穫が始まったゴーヤの棚も倒壊。

DSC_0120
支柱が根元からぼっきり折れている

DSC_0118
キュウリのV字棚は持ちこたえました。

DSC_0122
4番手ズッキーニは、嵐の中支柱を建てた甲斐もあり無事でした。

DSC_0123
しかし3番手ズッキーニが・・・2本折れてた(><


DSC_0124
あれだけ雨が降ったのに里芋の奥の方は乾いています。

DSC_0125
サトイモの葉自体が雨除けになっていることもありますが、森との境界なので森の木が覆いかぶさっているため雨が入って言っていないのです。

DSC_0126
この木が邪魔だ!

DSC_0127
とはいえ、きっちり水が入っているところは絶好調!

DSC_0129
Kメロンです。
離層が出ていると既に中身が溶けていることが多いので、離層で判断ではなく、色と香りの判断に切り替えます。

DSC_0130
これなんか、今日食べないとヤバいです。

DSC_0128
既に爆発しているものも・・・。

DSC_0131
とりあえず食べきれないのでJA直場所に出してみます。

DSC_0132
スイカも収穫。
「でかうま!」ですが、これは本当に旨い!・・・が、必ずでかくなるわけでは無いようです(^^;;;

スイカ(大玉スイカ) 種 【でかうま! 小袋】
スイカ(大玉スイカ) 種 【でかうま! 小袋】


DSC_0133
このイタリアントマト、色が悪いですが、次の瞬間腐るのでどんどんとっていきます。

DSC_0137
DSC_0135

本日の収穫物です。
少ないなぁ~

DSC_0139
産直所帰りに見た近所の田んぼです。
そろそろ収穫です。

多くの農家は来週収穫に入るそうです。




DSC_0141
帰ってきて炎天下の中、ハンマーナイフの刃を取り替えます。

DSC_0143
こういう折れている歯は抵抗が増すだけで役に立たないので取り替えたいのですが、全取り換えします。


DSC_0142

ナットの上からペンキが塗られているので、回すのに一苦労です・

DSC_0146
どうしても端の2本が緩まない・・・・。
友達先輩にLINEで外し方を質問しておこう。

その後、夕方パクチーにタネをもって畑に行くと、山の向うから黒い煙が・・・・。
もしや・・・。
市の火事情報をチェックすると隣町で火事!!

隣町と言えども我が部の担当エリア!

部長としては直ぐにメンバーに召集をかける・・・だけど、平日なのでどうかな・・・。

とりあえず6時ごろだったので家に帰ってばかりの仲間が俺を含めて4人集まったので消防車で出動!!

しかし先日の訓練でポンプが壊れていること判明して、ただ今修理に出している最中。

前線で消化をすることは無いと思うが、水利からの中継が必要かも・・・。そしたら役立たずな。
DSC_0149
現場は、最近多い解体屋。
こういう解体屋の解体ゴミ山からの自然発火は非常に増えている。

山の方なので水利が確保できず、放水が1本だけだ・・・。

こりゃあかん。

消せない。

人の命がかかわっていないので、比較的現場はあわただしくはないというか・・・誰の目からもあきらめのの境地。

これだけの火事で水が無いのは頂けない。

しかも嵐の余韻でまだ風がある。

時々敷地外の森の木に火が移っている・・・。延焼したら大ごとだな・・・。

1年ぐらい前にやはり近くの解体屋火事があり、鎮火に3日ほどかかった事があった。

さすがに3日はかからないにしろ、朝までは帰れないかもな(TT

部長として現場の指揮者に合流しないといけないので、広い敷地で指揮者を探していると、入り口付近に残して来た団員から着信。

「指揮から中継してほしいと依頼があった。」(やはり・・・)
「けど、ウチのポンプが壊れていると言ったら、別の部に依頼してほしいと言われたんだけど、近くにいる?」

「ああ、俺の隣にいるよ。連れて行く」

と言うわけで、隣の部は2名しか着ておらず、ポンプを動かせないので、俺ともう一名で手伝うことにしました。

で、局の人と合流するポイントに行くと交差点でお巡りさんが交通整理。

お互いに挨拶して軽く情報交換。

消火までかなりかかりそうだと教えると、お巡りさんはがっくりして、「今晩は帰れないかなぁ~」と。。。

「暑いので飲み物買ってきますの、ここの交通整理ちょっとお願いできますか?」と持ち場を俺らに預けてその後戻ってきませんでした(^^;;

と、いう事で俺のこの日の仕事は、この交差点の交通整理です。

と、言っても十字路のこっち側に消防車と報道車以外入れないことです。

火事現場は風がありましたが、この交差点は無風で、アスファルトの熱気が凄い。
喉が渇く。
とはいえ、さっきの現場の熱風よりはマシです。

途中、該当の町に町会長さんが飲み物や食べ物を差し入れに来てくれて、持ちこたえながら、火が消えるのをひたすら待ちます。

で、結局水が足りずに消えないので、化学消防車が来て泡の力で消火しました。

泡すげぇ!

おかげで朝までは帰れないと思っていましたが、午前0時ごろようやく解放されました・・・。

朝5時起きでフルに体を使っているのでかなり厳しー!

ま、それでも怪我人も出ずに終わったので気持ちは良いです。

そして翌朝。
起床は6時半ごろ。

DSC_0151
スイカが割れている・・・orz
もったいないので持ち帰って食べます。

DSC_0152
無傷のスイカも1個収穫。

DSC_0153
マクワウリに離層が出ているものがあります。
食べ時かな。


DSC_0154
しかしこのマクワ、離層が出るレベルになると下もこの通り・・・。

DSC_0155
大型で美味しいのですが、収穫時の見極めが難しい品種です。

DSC_0156
3番手ズッキーニが取れはじめました。

少し涼しくなってきたからだと思います。

DSC_0164
直播した3番手キュウリやり直しを開帳します。

DSC_0165
そんでもって地ばいにするので今回から初使用の敷き藁要らず。
効果はどうでしょうか。

DSC_0166
ついでに横の青鬼唐辛子の誘引をしておきます。
赤鬼と違って青鬼は滅茶苦茶調子悪いです(><

DSC_0167
ナスも伸びすぎてたれた枝を誘引して引っ張り上げます。
ナスは枝が下を向くと実をつけなくなるので、長くなったら切り詰めるか、引っ張るかしてあげます。

DSC_0168
一番手キュウリがいよいよ終わりました。
あまりツルありインゲンのタネがあったので株元にまいておきます。
棚の再利用です(^^

DSC_0169
先日植えたワケギももうこんなに伸びました。
は、早い・・・・。


DSC_0170

こちらはつる無しインゲン。

順調かと思いきや

DSC_0171
萎れている株がいくつかあります。
株元をほじくってみてもネキリムシはいません。
これはひょっとして。。。。モグラ害か・・・。

DSC_0172
ルッコラは順調。

DSC_0173
この日は、先日火事で撒き損ねたパクチーのタネを播きます。
今までは購入タネを使っていましたが、今回は自家採種のタネです。

一晩、浸漬して蒔くと良いのですが、今回は色々あって3日間浸漬されています・・・。大丈夫かな。

ワケギ畝の余った穴にもパクチーを入れました。

DSC_0174

らっきょ畝も余っているのでパクチーを入れようと思ったのですが、車の道具入れに小松菜のタネがあったのでこれを撒くことにしました。

この時、事件が起きました!。

右の二の腕が痛い!!
何かに噛まれたようだ!

半袖ツナギの袖から何かが侵入している。

服の上からバシバシ叩くが、痛いところが増えていく。
こりゃ参った!

帰ろうと軽トラに乗り込むと袖から吸血性のアブが飛び出してくる!

こん畜生!!とはたき殺す。

DSC_0192
5か所齧られていました。
写真じゃわかりづらいですがジャガイモみたいにボコボコになってます(TT


そしてここからが月が替わって9/1.
つまり今日。

DSC_0178
久しぶりに穴のあけられているキュウリを見つけました。
ウサギか鳥かという疑いもあったのですが、これは腰高だったので、この2種では不可能です。
どうやら犯人はヨトウムシのようです。

DSC_0179
先日、JAに出したマクワウリは4つ出して2つ売れました。
なので今回も出してみます。

DSC_0180
午後は第九農園の道路に面した側を開墾してそばを撒きます。
なぜ道路側かと言うと、ソバは盗まれないし、また可愛い花が散歩の人たちに人気なのでサービス。
何かと道路に面しているとゴミとかを投げ込みされやすいので、その抑制の目的もあります。

DSC_0181
去年の常陸秋そばのタネを使います。

DSC_0183
軽く筋蒔き。

俺が歩きながら撒いていき、その後ろを長女が追うように土をかけていくというやり方です。

サトイモお母さんが、播種機を貸してくれると言っていたけど、このぐらいなら播種機は要らないです。

DSC_0184
家に帰って夕方は苗づくり。
二晩浸漬したチマサンチュのタネです。
レタスやほうれん草は、夏場の播種では必ず休眠打破をしてからの播種する必要があります。

DSC_0185
こちらは転倒したバナナ。
処置をするために上は切ってしまいました(^^;;

DSC_0186
切り口からは水がボタボタ出てきます。

DSC_0187
とりあえず重心が低くなったので立てておきます。

DSC_0188
バナナが倒れて下敷きになった東京ゴールド・・・。この木は災難ばかりだ。

DSC_0189
バナナの吸芽を取り出したいし、根詰まりしているので鉢から出したいのですが。。。パンパンで出ません。

長女を二人で引っ張りますが、大きな蕪状態です。

プラ鉢なので、鉢を倒して転がしたり踏みつけたり。
DSC_0190

それでもダメなので、スコップで周りをえぐったりしてようやく引っ張り出せました。


DSC_0191
少し水切れ状態なので、しばらく水に浸けておきます。

DSC_0193
夜はスイカ。
去年食べたオレンジスイカが美味しかったので、その時にぺっぺタネを使っているのでオレンジですが、小玉だったりフットボール型だったり、雄花の影響が出ています(^^;;
味は非常に甘いです。

2玉目、3玉目でも軽く13度越えです。

まぁ素性の良さもあるけど、今回の土づくりでようリンを使ったのが正解のようです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと