さて、オフクロが帰って翌日の朝。

さすがに一週間ずっと一緒に作業をしていたので、少し寂しいというか勝手が違う。

でも、せっかく助けに来てくれたんだ。

頑張らないとね

DSC_0612

あ、そうそう、助けと言えば、今回は多くの陣中見舞いが届きました。

大好物のアユや、カップ焼きそばセット、ありがたい現金など。

みんな!ありがとーー!!

DSC_0560
さて、この日は水曜日でJA産直所はお休みです。

モールの歯医者に行くので、産直所に出荷しても良いのだけど、現在ルッコラしかないので辞めておきます。
その代わりに半分以上ダメージを受けたインゲンのメンテナンスをしました。



DSC_0564

まずは生き残った株の土寄せです。
生き残ったとはいえ、暴風でフラれたので、株元は大きく傷がついたらしくコルク化していましたので、これ以上ダメージを受けないようにしてあげます。

DSC_0565
これで傷口が隠れるのでダメージが軽減されます。

DSC_0571

朝めし後、台風後はじめての第四農園です。

DSC_0572

本当はカミキリムシの駆除もあるので、この時期は毎日来てもいいぐらいなのに、忙しいのと被害を見たくないこととで足が遠のきました。

DSC_0577

その間に獣に食われまくっていたようです(TT

DSC_0567
くろあまです。
もう少し熟させます。

DSC_0566
品種名は油性マジックでプラスチックプレートに書いているのですが、半年ぐらいで風雨にさらされ落ちてきます。


DSC_0569
なので今回はペンキインクのペンで書いてみました。


DSC_0574
カドタ。
今年初生りです。

DSC_0575
こちらは去年から採れているブラウンターキー。

この後、歯医者に行きました。

で、帰ってきてから畑へGo!


DSC_0580

この畝に先日の台風で剥がされたマルチを再利用して張ります。

DSC_0581
とって置いた穴あきマルチ。パクチーとビーツのものです。

DSC_0582
独りでやるのは大変だと予想していたので、オフクロがいるうちにやりたかったのですが、辿り着きませんでした。

なので行ったり来たりで独りで張ります。

DSC_0586
小一時間ぐらいかかりました(><


こちらにパクチーを再度播きます。
タネは一晩水に浸けたいので、後日です。
もう一枚はとなりに張るつもりでしたが、ビーツはほうれん草の仲間なので苦土石灰ではなくpHをあげるために消石灰を使いたいところですが、消石灰は施肥してすぐには植えられないので、どうすっかな。

ちっちっちっちっちっち~~~ん♪

そうだ!第三農園のニンニク跡なら栽培途中に何度か消石灰を撒いているので、ちょうど良いじゃないか。

という事でそっちは翌日に回そう。


DSC_0587
なので雪白体采をまきました。
因みに雪白体采は、2度目です。

DSC_0583
かつお菜も。


DSC_0585
このタネ、いつかったんだっけかなぁ~・・・2012年。
冷蔵庫保管だし、まだ大丈夫かな。


DSC_0588
これは輸入種のファンネル。
初めて栽培します。


DSC_0589
ニンジンと同じセリ科で好光性種子のようなので、筋蒔きにして鎮圧後、乾燥防止にもみ殻を贅沢に撒いておきました。


DSC_0590
久しぶりの独り作業でしたが、そろそろ日も沈むのでおしまいです。
この時点で17:40。
だいぶ日が短くなりました。


DSC_0594
イチジクの試食です。まずは初生りのカドタ。
写真をとるのに失敗していましたが、糖度はなんと34.5度もありました。

驚愕です。

初めに糖度を測ったので、食べる時に甘すぎるのではないか?と思って口に入れましたが、爽やかに甘いというか上品です。

おフランス原産のイチジクに総じて言えることですが、とても上品で美味しいです。


DSC_0595
こちらはブラウンターキー。
アメリカではもっともポピュラーな品種らしいです。
日本の桝井ドーフィンみたいなポジションなのでしょうか。

美味しいのですが、カドタを食べた後だとイマイチです。


と言うわけで、いよいよ本日の記事の追いつきました(^^;;


DSC_0592
ソバが開花しました。

DSC_0593
いっぽうこちらは、1週間前に撒いたスプラウト用のそばです。
気温が下がって来たせいか少し成長が遅いです。

明日、いよいよ初出荷です。
需要はあるでしょうか。

もしこれが売れるようなら、俺のそば作りは趣味だけではなくなりますね(^^v

今朝は、ルッコラと生き残り株からようやく取れたズッキーニを少しJA産直所へ納品しました。

納品物が少ないので、帰ってくるのも早い。

今日はたっぷり作業時間がとれそう。

無風だし、天気も良いのでアレをしてみよう


アレとはもみ殻燻炭づくりです。

数年前にもみ殻燻炭器を買ったのですが、使おうとして強風で挫折して以来です。

今は山ほどもみ殻もあるし丁度良い。

まずは近くの森で火種になる薪を拾ってきます。

DSC_0606
先日の台風で森がぐちゃぐちゃで生木が多いので薪を探すのが大変です。

持って軽いのが枯れ木なので使えます。

DSC_0598
杉の葉は脂があり良く燃えるので焚き付けに使い、その後枝に着火させます。

DSC_0599
枝に火が入ったら上から燻炭器をのせてその周りにもみ殻をばさばさかけて山にしておきます。

30分ぐらいすると煙突の側が黒くなってきますので、そうしたらかき混ぜます。

DSC_0605
かき混ぜては足してを繰り返して、全部が黒くなるまで繰り返すのですが、30分は何もしないのでその間第三農園へ、ちょこちょこ行きます・・・・。いや、車で2分。歩いて10分なんだけど、行ったり来たりけっこう大変で・・・orz

DSC_0600
第三農園では、まずトラクターでうねって簡単畝を作ります。
因みにこの作業だけで一度戻り、もみ殻をかき混ぜます。

DSC_0604
因みに見に行くのが遅れると炭ではなく灰になってしまいます。


DSC_0602
今日も手作業でリサイクルマルチを張りました。
ビーツの蒔き直しです。
こちらの畝は短いので途中でマルチを切り、隣にもう一本作ります。

ここでも一度戻ります。



DSC_0603
そして2本目のマルチを張り、また戻ります。


DSC_0609

1本の畝にタネを播くたびに一度戻ります。

DSC_0607
因みに2本目の畝はマルチが少し足りなかったので、筋蒔きの試験をしてみます。

DSC_0608
タネは土を押し付けて覆土します。

DSC_0610

この作業も畝一本ごとに戻ります。


DSC_0611
最後に少しでも成長を早めるために不織布のべた掛けをしておしまいです。

最後は日が暮れるまで燻炭づくりをしている第八農園周りの草を刈りながら、燻炭の面倒を見て終わりました。

ポリタンク3杯の水をかけてきましたが、ちょっと不安なので今からもう一度見に行ってきます(^^;;



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと