今日はあらたな商品をJA産直所に投入しました。

BlogPaint

キクイモの種芋を販売してみることにしました。

ここの産直所では苗や種芋なども販売できるのですが、今まで苗はだしていましたが、種芋は今回が初めてです。
需要はあるんどえしょうか・・・・。本日1つだけ売れました(^^;;

DSC_0063

午前中はオカヒジキの播種です。
過去に一度栽培したことがありましたが、我が家では大した需要も見当たらず、その後栽培されることはありませんでした。
しかし去年JA産直所で見ていると意外に需要はあるようで、気になってはいました。

市場や、JAによる産地取引ではない産直所中心の農家にとっては単一品目・・・もしくは少数品目での展開は厳しいと思います。

小さな産直所は棚も少なく単一品目を大量に持ち込まれても販売力が追いつかず、売る切ることができません。

そうすると少量を複数の店舗においていくことになるのですが、その燃料費と時間が馬鹿になりません。
これを突破するにはメインになる売れ線商品(キラーアイテム)と探りのためのサブ商品を少量持ち込むのが良いのでは?というのが俺の戦略です。

キラーアイテムは一店舗あたり20~30袋持ち込んで次の納品までに売り切れる商品。

俺にとっては、ズッキーニ、おおまさり、キクイモ、キュウリ、インゲン、ルッコラ、じゃがいも、サトイモが該当します。
これらを持ち込む時についでに納品するといったものを沢山用意しておくことが重要と考えています。
そこで今回はこのオカヒジキを試してみようということです。


DSC_0064
タネはこんな感じ。
オカノリにも似ていますね。

そうそう畑が増えたのでオカノリも仕込んでおこうと思います。これは我が家でも人気でしたので・・・。


DSC_0065
雨よけに寒冷紗をかぶせて出来上がり。

午後は、年度末なのでそば打ち同好会の総会です。

本当は定例会(蕎麦打つこと)をしてから総会なのですが、市の意向でコロナ予防で公民館の調理室が使用禁止となり総会だけをやることになりました。

もっともお年寄りばかりの会なのに会議室に現れたメンバーは師匠除いてマスクをしていないのにはびっくりしました。

あなたたちの命が危険にさらされているのに・・・。

危機感が無いのにびっくり。

我が家の学生共は全員不要不急の外出を自粛していますが、街に出ると長期休みを満喫している学生グループが多いこと・・・。

子供の友達もカラオケなどに言っているそうです。

自分たちは感染しても軽症だから問題ないとか・・・。

おいおい・・・人にうつさないための国ぐるみの対策なのに台無しだね・・・。

もっとも封じ込めはできないので、医療崩壊起こさない程度にゆっくりと蔓延してもらうことが重要な戦略だから、それも織り込み済みかもしれません。

さて、大事な(?)会議を終えて家に戻ったのが15時過ぎ。
まだ畑に行けそうだ!


DSC_0066
先日土寄せしたキャベツとは別のキャベツに追い肥です。
こっちのキャベツは播種は先日と一緒でしたが、間引きした胚軸断根苗です。

ブログをサボっていた2月に定植したものです。

まだしばらく畑にいることになるので、追い肥は鶏ふんを一握り株間においていくだけです。


DSC_0069
ちなみにこちらは先日最後の追い肥をしたキャベツ。

どちらにもBT剤(ジャックポット顆粒水和剤)&生物殺菌剤(ボトキラー)&重曹&硫安(窒素肥料)の水溶液を散布しました。

無農薬とか有機農法を目指している方にはこの組み合わせはオススメです。
すべてJAS有機農法に適合しており、ノーカウントなので何度でも気にせず散布することができ安全で気楽です。

ジャックポット 500g (家庭菜園 アブラムシ 駆除 薬 ガーデニング用品 ガーデン用品 家庭園芸 薬剤 虫対策 園芸 ガーデニング 用品 農業用品 農業用 農薬 害虫駆除 畑 殺虫 農業資材 園芸用品 園芸用資材・雑品 殺虫剤 農業用資材)
ジャックポット 500g

ボトキラー水和剤 100g
ボトキラー水和剤 100g


とはいえ、薬効も強くないのですが、BT剤で鱗翅目(蝶や蛾の仲間)の幼虫に対しては効果が絶大なのでこの時期のアブラナ科野菜には強い味方です。


DSC_0067
そしてまだ時間があったので、蕎麦スプラウトの仕込みもしました。
少しでも霜が降りるとソバは枯れるのですが、桜も咲いたしそろそろ大丈夫だろうということで第一弾仕込みです。
収穫は2週間後です。


DSC_0068
雨に弱いのでここも寒冷紗で被覆しておきました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと