少し間を開けました。

今日は3日分書きます。

DSC_0255
まず一昨日はキャベツとソラマメにZボルドーを散布しました。

ターゲットにしている病気があるわけではないですが、広い病原菌に対して効果があること、野菜類で登録されているので、基本的に野菜であれば何に使っても良いこと。
強い化学農薬ではなく、有機農法認定のノーカウント農薬であるため、あまり難しいこと考えずに使えます。

なので無農薬にこだわりがなく、とはいえ強い薬は嫌だな。
回数とか気にするのは大変だな。
いろんな農薬を勉強するのは面倒だ。という人にはオススメです。

しかし殺菌剤なので害虫にはききません。
これを意外に一緒にしている人が多いですのでお気をつけください。

それと強い薬ではないため予防でしか使えません。
既に罹患しているものには効き目は期待できません。

と、言うわけでこれから雨がふるというので予防です。
キャベツは結球初期までしか使えません。それ以降は薬害がでるそうです。

DSC_0258
ニンニクにも散布。
さび病を抑えるのが主目的ですが、今年はさび病も出ないかも。



DSC_0256
次の仕事は役目を終えたこの菜の花の処分です。

もともと隣のサトイモお母さんの畑のこぼれ種が俺の畑の境界内側に落ちてそれが大きくなったものです。

そのまま育ててナバナを収穫して、出荷もしましたが、そろそろ蕾はなくなり花どころか種鞘ができてきたので、今度はよその畑にこぼれ種を落とす可能性があるので処分をします。

DSC_0257
まずは刈払い機でザクザクっとぶった切ります。

いきなりハンマーナイフを走らせると株が強いので負けます(^^;;;

DSC_0259
ハンマーナイフモアで刻んでやりました。
もう青臭いったらありゃしない(><

DSC_0260
最後にトラクターですき込みました。

アブラナ目に含まれる辛味成分グルコシノレートは様々の病害虫害を減らす効果が確認されています。
実際にからし菜など殺虫・殺菌効果のある緑肥として使われる例も多くあります。

からし菜ほどの効果はなくても同じグルコシノレートを含んでいるので、一定の効果は期待できるのではないでしょうか。


と、ここまでは一昨日の話。

DSC_0261
昨日は、友達先輩と潮干狩りです。

もともと有料の潮干狩り場でもないので人も居ません。

このコロナ騒ぎの中最適な場所かもしれません。

DSC_0265
唯一の他所の人はこのひとです。

何をしているかと言うと、釣り餌を取っている業者です。

小舟に載せたエンジンポンプで水を噴射して砂を飛ばしてそこからアミでボケシャコなどを採取しています。

「やりたいか?」とアルバイトのオファーがありましたが、マテ貝をとらないといけないので断りました(^^;;

DSC_0263
それにしてもマテ貝が全く居ない・・・・。

どうしたんだ?



DSC_0266
友達先輩も全然ダメ。

DSC_0262
ハマグリの赤ちゃん見っけたけど・・・。

DSC_0264
餌取り業者さんが掘ったところから超巨大なゴカイがでてきました。
80センチぐらいあります・

DSC_0271
結局、この日の収穫は巨大なホンビノス1個、極小のハマグリ1個・・・・のみ。

メインのマテ貝は0・・・・・いったいどこ行っちゃんだんだ~~~


DSC_0273
そして今日。
ボルドー剤をイオン化した被膜を植物の表面に作り雨水で全体のコーティングする効果もあります。
なので雨の前にやると効果が高いのですが、予想通り夜に雨が降ったのでいい感じになりました。

DSC_0274
キャベツを無農薬や有機栽培をするには、この枯れた葉の除去をマメにして株元の風の通りを良くしておく必要があります。
キャベツはやや乾燥気味に育てたほうが健康です。

DSC_0275
で、本日のメイン作業は長男と長女と三人でキクイモ予定地に堆肥をまきました。


DSC_0276
まーこれまで半日かかってしまいました。
次回はここに鶏ふんを入れてキクイモの定植をします。


ということで、おしまい。

3日もあった割にあまり大したことしていないな・・・・・(^^;;;;

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと