先日、JAの産直所でハイビスカスの蕾、ローゼルをみつけました。
そういえば俺も植えたな・・・。

雑草で覆い尽くされた、第3農園。心のハーブ園に・・・・。


DSC_0012
どれどれ?
ぜんぜん蕾がない・・・・。
いかん!このままでは収穫できないまま冬になるじゃないか!

蕾の形跡はまったくない。

産直所で見たということは、この辺の気候でもう収穫できるはずだけど・・・・。
まさか温室栽培か?

もしかして千葉では路地では無理か?

ちなみにもう夕方以降は寒いぐらいの気候です。
10度を下回っています。

昼間は23度ぐらいあるので寒暖差がかなりでてきました。

DSC_0013
草だらけのハーブ園で、もうひとつ生き残ったハーブ。レモンバームです。
本当にレモンの香りがします。

しかしスイートバジルと間違えて作ってしまったレモンバジルと使い分けが難しいです。


この草だらけのハーブ園は2週間ほど前に草は刈ってあるので、焼き尽くそうと思って10年前に買ったまま使っていない草焼きバーナーを持ち出しました。

DSC_0014
今まで使わなかったのは、うまく使えないからですが、最近近所のおじさんに使い方を教わりました。

噴射口をしっかり温めないとNGということです。

なので、焚き火をして数分温めたのですが、1回だけうまくいったあとは、やはりまた灯油をぶちまけ続けるというダメダメっぷりを披露してしましました(><

面倒なのでやめました orz

もう少し研究して出直してきます。

この日の午後は、夏休みの宿題が終わらない小学生と同じで、9月中に終わらせていないといけないのに、まだ終わっていない農地パトロールに行ってきました。
残り10%ぐらいなのに、天気が悪くてなかなかいけません。

なんせ俺の担当エリアは、四駆でもはまるぐらいの場所が多いので、ぬかっている時は死ねます。

また去年の台風で土砂崩れが発生したところの数十箇所あります。

雨天の出るのは自殺行為です。

という言い訳をぜひ事務局の人も読んでほしいです(^^;

DSC_0015

この日言った場所に、このような作物が多くありました。

DSC_0016
なんだろう?
ステビア?

かなりの畑で作っていました。
謎作物です。


昨日。

DSC_0017_HORIZON
今更ですが、からし菜を撒くことにしました。
今年の春に採った自家製タネを使います。
粒マスタードのためにとったタネですが、あまりにまずかったので、リトライする気力が出ません。
かなり沢山あるので、からし菜を作って販売することにします。

HORIZON_0001_BURST20201020101447233_COVER
根際から刈り取るので、きれいに取れるように籾殻をかけておきます。



DSC_0018

こちらは、そばスプラウト。
発芽まで1週間かかりました。
夜温が下がっているので、だいぶ遅れるようになりました。

秋作は早め早めに次のロットを仕込まないとね。

DSC_0019
ということで秋作3作目のロット仕込み。


DSC_0020
寒冷紗をかけていた聖護院大根です。
御開帳なのですが、かなり欠損が目立ちます。

DSC_0021
ヨトウムシとネキリムシんが入り込んでいて被害が大きいです。

HORIZON_0001_BURST20201020111120038_COVER
おや?

DSC_0022
こちらは昨年畑の真ん中に植えてしまったフェンネル。
邪魔なのでトラクターで木っ端微塵にしたのですが、バラバラになった根から再生が始まりました。

移植はできないとされていますが、これなら移植できんじゃね?


DSC_0023_TRIPART

この日の午後は、ネリカ米の収穫を計画していましたが、刈って束ねるバインダーという機械のエンジンのかかりが悪く、プラグを外してみたら、思いっきりかぶっていました。

しかも締りもゆるい・・・・。

前のオーナー?
それとも近所の人たちに貸しているので、その誰か?

とにかくこれでは使い物にならないので、諦めて手刈りをすることにしました。


HORIZON_0001_BURST20201020140401214_COVER
去年は干さずに刈り取り後に脱穀しようと思って、全てが茶色になるまで放置したら、雨でふっくり帰ってしまったので、今年はこのぐらいで刈り取ります。



DSC_0024
奥さんも連れて行きました。
周りの草を刈ろうとしたら、草刈り機の使い方を教えてほしいというので、彼女がやってみることになりました。

実は近所の奥様方はうら若くてもみんな草刈り機を使えます。
我が家の奥さんだけ、草刈り機を使えないので、チクッと言ったらやってみるということになりました(^^;

こうやって少しづつ農家に洗脳しています(^^v


DSC_0025
稲はこれで刈ります。

ダイソーで売っている草用の鋸鎌です。

プロの農家はこんなもの使いませんが、毎回新品でこれを使ったほうが効率が良いです。
まともなカマは1000円以上しますので、このカマの10年分です(^^;

DSC_0030
刈った稲は適当な束で縛っていきます。

DSC_0032
最後は久々に使う稲架掛け用矢倉で1週間ほど干します。


DSC_0026
さて、こちらは7月の2周ぐらいに播種したオオマサリです。

近所の農家の人達が遅すぎる! と馬鹿にしていた奴です。
本来は5月~6月1周ぐらいまでに播種をします。

本当に遅すぎるのでしょうか?

果たして俺は馬鹿なのでしょうか?


HORIZON_0001_BURST20201020160711423_COVER
わっはっは。超高品質!!

今年はこのあたりはどこも殻ザヤが多く、産直所ではクレームが多いと言って警報を出していたぐらいです。
近所の農家と話しても、去年に続き今年も不作と嘆いていました。

その中でも俺は歩留まりが良い方でしたが、今回はすごい!

歩留まり9割以上。

DSC_0028
およそ10メートルで10キロほど収穫できました。

しかも殻がしっかりしていて、網目がまだくっきりと出ていない良品。
オオマサリはゆで落花生で食べますが、中身が渋皮ができているものより、まだ白い柔らかいもののほうが人気があります。

今回は、早め収穫になったので、網目が薄いものが多いです。
実際に開けてみると、一番美味しい状態のものがほとんどでした!

すばらしい!!!

DSC_0029_HORIZON
次はこっちもできの良い秘伝豆。
同じ時期にキラーアイテムを複数出すのはもったいないな。とも思いますが、収穫物は待ってくれません。

お金になるうちに換金しないと!

と、プロ農家になって守銭奴になるGuuでした(^^>

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと