こんいちは
Guuです

さてまたまたちょっと間が空いてしまいましたが、言い訳から・・・(><

え~~とですね。
義父が亡くなったのはお伝えしましたが、そのせいでオフクロがボケないようにと気を使い、ちょうど長女の誕生日と蕎麦の収穫を題目に連れてきていました。

今までは何かあるたびに義父が車で連れてきていましたが、その義父が居ませんので俺が迎えに行くというちょっとしんどい事をしていました。

オフクロの住まいは隣県で、車で深夜なら1時間半です。

昼間は3時間ぐらいかかりますが、先週雨の日の丁度よいので迎えに行ってきました。


DSC_0050
まずはオオマサリの収穫です。

とりあえず俺がトラクター操作している間、オオマサリの収穫を頼みました。

奥で作業をしているのがオフクロです。


DSC_0051
オフクロがオオマサリを収穫している間に俺は玉ねぎ用のマルチを張りました・

ここまではうまく行っていて楽しかったのですが、この後大変なことに・・・。

DSC_0054
こんなことに・・・・・(TT
これは他所様の車です。

畑から軽トラをバックで出そうとした時に、オフクロに話しかけられ気を取られて、通りに駐車していた車にぶつけちゃいました(><

ああ!!やってしもた~~!

右後方に駐車していた車のですが、普段なにもない畑の前なので注意不足でした。

DSC_0070
ちなみにドライバーさんは、このコスモスを見に来ていました。

コスモス、恨めしい~~~

ま、ぶつけたのは俺なので一方的に俺が悪いのですが・・・・。

とりあえず、コスモス畑で写真をとっていたドライバーさん夫婦を探して、謝って警察を呼んで小一時間の事故処理。

午後は玉ねぎの植え付けをしたのですが、スマホを忘れていったので写真が無いです。

苗は2000本用意しました。

畝の長さは60メートル。
マルチの穴は15センチ間隔で5列。

ということは6000センチ÷15センチで400。
5列なので400×5=2000本ということだったのだけど・・・・

かなり余った。
あれ?
計算間違えたかな?

それともメルカリの出品者さんはかなりおまけをしてくれたのか・・・。

もう1本畝をつくり残りを植え付けたら1350本もおまけがあったことが判明。

いい人だ(^^


翌日。
またもやスマホを忘れて、夕方の収穫から。
DSC_0060
夕方は、奥さんと次女が合流して収穫です。
小学生になった次女はお手伝いすると言って、元気にレモンバジルの収穫です。

もっともすぐに飽きてカマキリやバッタを集めていましたが・・・・。

DSC_0061
おむすびシュシュというミニ大根品種です。
駅ナカ産直所では普通の大根は重くて敬遠されると去年聞いて、ミニ大根を作ってみました。
でもぜんぜん売れませんでした(TT
もう作らない。

DSC_0063
こちらはつるなしインゲンのサクサク王子。

DSC_0062
収穫開始ですが、去年より寒いせいかイマイチ株が小さいです。
もっとも去年が暑すぎただけでしょう。

これが本来の状態だと思います。
面倒なので、来年は春作のみにします。



翌日。
良い天気。
DSC_0064
いよいよオフクロの今回の遠征の大目的のそば刈りです。

毎年、我が家の家族とオフクロと義父のフルメンバーで刈り取っていたけど、この日は平日になってしまったため子どもたちは居ない。
奥さんは納品。
毎年黙々と作業をしていた義父は天国・・・いや、まだ四十九日過ぎていないから、きっとその辺で見ているかも。

ということでこの日は俺とオフクロの二人っきり。

気が遠くなるなぁ~~。

DSC_0065
今年は天気が悪く丸々一ヶ月近く雨だったので、徒長してひん曲がってしましました。

刈り取るのが大変だ。


DSC_0067
刈ったら「く」の字だもんね(><

やりづらいったら無いな。

DSC_0066
せっせとやるが、半分ぐらいまで進めて飽きる。

いつもなら刈ったものは子どもたちが束ねて運んでいくが、この日は俺が刈って溜まったら縛って運ぶ。

でも土が柔らかいので運ぶのがしんどい。


DSC_0072

飽きたので珍しく花の写真をとってみる。

結局、この日は半分でリタイア。

翌日。奥さんが加わって3人でそば刈り。

DSC_0073
そんな中珍しい一株が見つかりました。
赤いそばです。

高嶺ルビーという観賞用の赤いそば品種がありますが、これを増やしたらそんな感じになるのかな・

オフクロが増やすと言って持ち帰りました。

DSC_0074
運ぶのも、干し台を作るのも面倒だし、この後晴れが続くそうなので、一番ラクな島立てにすることにしました。

ここまでで午前は終わり。

DSC_0075
今年最後のオオマサリです。
テストで7月にマルチなし一列に植えた畝を全部掘り上げます。



HORIZON_0002_BURST20201020160711423

マルチをしなかったので、収量に心配がありましたが、さほど悪くないようです。


DSC_0077
ついでに急に寒くなったので、急いで枝豆も収穫です。



DSC_0078
これをもぐので肘が痛い・・・。

翌日。

DSC_0079_HORIZON
そろそろキウイのレインボーレッドの収穫です。


DSC_0080
ついでにアップルキウイも。


DSC_0082
次女は一番好きなフルーツはミカンだそうです。
なのでミカンもとっておこう。


DSC_0081
俺は柿のほうが好きです。


DSC_0084
ということで、今朝はフルーツ食べ放題です。

HORIZON_0001_BURST20201024114403600_COVER

この日のメインの仕事はそら豆の播種です。
オフクロと二人で紐を張って畝を作りました。
この作業は一人でやると大変なので助かります。


DSC_0087

50センチ間隔でタネを挿していきます。

DSC_0088
今年は初めて自家採種したタネも使ってみます。


DSC_0090
カラスの心配は無いと近所の人に言われましたが、去年苗をいたずらされたので、用心のため糸を張っておきます。


DSC_0089
これは刈り取り2日めのソバです。
刈った時は花がたくさんついていましたが、もう実になっています。
これを後熟というそうです。

DSC_0093

午後は枝豆の収穫。


DSC_0092
オフクロは文句を言いながらも手伝ってくれます。


しかしそろそろ家のほうが心配になってきたそうです。

俺はこの日は夕方から病院があるので、それが終わったら送り返してあげることを約束しました。

DSC_0094
しかしここのところ夜温が低いので、サヤに黒ずみが出てきました。
そろそろ終了かも。

DSC_0098
へんな形のサヤまでありました(><


オフクロ家に届けてそのままとんぼ返り、流石に疲れた。
でも翌日はネリカ米の脱穀を一人でやります。
DSC_0100
いい感じで乾いています。


DSC_0101
今年はほとんど面倒見れなかったけど、なんとか繋ぐだけの収穫ができました。
いろいろ手を出して追いつかなくなって来たので、来年以降は1品目に対して1品種に絞って数年おきにローテーションしようと思います。
ネリカ米の収量が十分なら、来年はハッピーヒルを本腰入れて増やそうと思います。


DSC_0102
足踏脱穀機にかけてきれいに落ちました。


HORIZON_0001_BURST20201029145856188_COVER

脱穀を一人でやるのは初めてですが、毎年のことで慣れてきたので、労力もさほどかかりません。
ただし、ここは魔の第三農園前。
ひっきりなしに人が通り、珍しがって話しかけるので作業がはかどりません。
脱穀機を回したままだと騒音で何も聞こえないので、話しかけられると完全に手が止まります(><

DSC_0103
脱穀機の背面からはこのように脱穀した籾と一緒にゴミも出てきます。


このままじゃ持ち帰るのにかさばるのでコンテナを使っておおざっぱにふるいにかけます。

DSC_0104
とっても付いているので、これが意外にやりやすい。


大きなゴミを除去したら、米袋に入れて持ち帰ります。

そばの脱穀が終わったら、まとめて唐箕に選別します。


HORIZON_0002_BURST20201028140548580
さて、本日最後の写真です。
実生のイチジクがとうとう熟しましたが、まさかの大きさ。
1センチぐらい?

これやあかん(><

ホワイトイスキアより小さい。

ダメだな。

またいくつか実を確認できていないものがあるけど、こいつは伐採だな(><



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと