日曜日。
良い天気です。

天気予報では寒くなると言っていましたが、暑いぐらいです。

午前中は長男と奥さん、次女をお供に野良作業です。

3人はキクイモの収穫です。


DSC_0163
俺は春キャベツの定植をします。

10月に播種していた苗ですが、玉回しをしていないため生育にかなりムラがあります。
でも気にしません(^^;;


DSC_0165
座ったり立ったりで膝が痛いですが、ようやく植え終わりました。

あ~~疲れたと、伸びをすると


DSC_0164
隣の森に自然薯のおおきな株があるのを発見。

自然薯はこの時期に黄色くなった葉を目印に探します。

なので今のうちに見つけまくって土に入っている部分にマーキングをすると良いです。
近いうちにマーキングに来ます!


DSC_0167
次女は畑仕事にあきてアリジゴクを探しています。
捕り方がわからないというので、2,3匹捕まえてあげました。

そういえば俺も子供の頃アリジゴクを飼っていて、カゲロウまで育てたことがありおます。

次女は最も俺に似ているかもしれません(^^


DSC_0166
近くで野生のアケビを見つけました。

我が家で栽培しているものより甘いです(><


本日。
平日なのでお供は無しです。
キクイモが思ったより売れないので、奥さんがいくつかの直売所をリレーで回ることになりました。

その間俺は小仕事。


DSC_0168
タマネギ苗の補植です。

今年はネキリムシが多い。

マルチをはる時に消毒しておくんだった。

DSC_0172
近くを通ったハンサムじいちゃんが「紐貼っていただろ?何撒いたんだ?」と現れました。

「ああ、ソラマメですよ」

「ソラマメか、おれんとこもう芽が出たぞ」

「ははは、俺のところままだです」

次に隣の畑の里芋お母さんが、「ソラマメ芽が出たよ」と言ってきました。

実は数日前にこんなやり取りがありました。

俺は写真のようにお歯黒を下にしてタネを挿して頭を出しています。
このやり方は教科書どおりで、ソラマメは発芽に酸素の要求量が多いので少し頭を出したほうが発芽率が良いそうです。

俺のやり方を見た里芋お母さんが、「私は深く埋めちゃったよ。どうしよう~~」と。

一応理屈を説明したうえで、「今までそれでやっていたのだから大丈夫じゃないの?」

と言っておきました。

それを言いながら、俺は今まで育苗でやってきたので、直播は今年が初めて。

乾燥をコントロールできない本圃場でこのやり方は正解なんだろうか?

偉そうなこと言って、俺だけ発芽しなかったら恥ずかしいな・・・。って、恥ずかしいどころじゃない!

来春の収入が・・・・・(><


DSC_0171
不安になって補植用に空いているスペースに挿しておいたタネを引っ張り出して見たところ、見事に根が伸びていました。

あんしん

良かった

DSC_0173
その後、気分良く作業をしていて、どうしても邪魔な野良大根。
ひと月後に小麦を撒くところだけどどかしたいので抜いてしまおう。

DSC_0174
去年は数種類の大根を撒いたので交雑したようで、三浦大根ベースの謎大根ができました。


DSC_0177

調子の悪いインゲンの収穫です。
明日は車検があるので収穫できないので今のうちです。

DSC_0175
それにしても今年の秋インゲンは駄目だ。

背は低いし、病気が多い。

来年は秋インゲンやめるかも。

DSC_0178
とりあえず片側分だけど収量も少ない。


DSC_0169
午後は芋掘り耕運機の点検。
ベルトケースを開けたけど、Vベルトの断裂はないし、ドリブン側のプーリーも回っている。

DSC_0170

でもPTO側は回らないってことはギアケースの中で何かが起きているかもしれない。
それとクラッチも切れていない。


ヤンマーさんに連絡したところ近日中に見に来るとのこと。
まぁ、しかたないね。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ←応援してくれる方はポチっとお願いします

人気ブログランキング←さらに余裕があればこちらもぽちっと